チャレンジイングリッシュ  徹底分析!

小学校で英語が必修化?!ベネッセのチャレンジイングリッシュで自宅学習。英検3級までの内容とは。

チャレンジイングリッシュの前身、ビーゴイングリッシュ再開。

今朝もチャレンジイングリッシュのステップ7のレッスンを1つ学習してから登校しました。

かかった時間は、2分とちょっと。

そして、もう1レッスンすると思いきや…。

 

娘は、パソコン画面で、あるアイコンを見つけてしまったので~す!

 

それは、

 

昔やっていた、これまたベネッセの、「ビーゴイングリッシュ」という、「チャレンジイングリッシュ」に変わる前の英語学習ソフトです。

 

ビーゴイングリッシュは、チャレンジイングリッシュよりも、ソフトの動きが速いので、それによるストレスが少ないのと、

 

食べ物を注文したり、着る服を決めたりと、ゲーム性が高く、楽しいようです。

 

ということで、

 

今日からは、チャレンジイングリッシュとビーゴイングリッシュの両方を少しずつやることに変更しまーす!

 

それプラス、

 

「語いリスト」(これについてはこちらをご覧ください↓)も、続けて行きたいと思います!

チャレンジイングリッシュの裏技!「語いリスト」発見。 - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!

 

 

英語の「th」の発音、できないと通じない?!

今日は、チャレンジイングリッシュのステップ7の発音練習のレッスンを1つしてから登校しました。今日のレッスンは、難しい「th」の発音。いわゆる、「舌をかむ」発音です。

 

でも、ご心配なく。できなくて全然オーケー。できるようになりたいか、そうでもないか、好みの問題です。

 

まず、この「th」の発音は、5000あるとも言われている地球上の言語の中で、2つか、3っつの言語にしかない、珍しい発音であると、某大学院教授からききました。

 

それに、英語講師をしていたころ、同僚のバイリンガルの講師に、

「英語の「th」の発音ができないと、通じない?やっぱり、できたほうがいい?」

ときくと、

とんでもなーい、と言った表情で、

「全然大丈夫。全く心配ない。通じるよ。話の流れで分かるから。」ということで、

それ以来、私は、この大変な発音は、希望者にしか指導することにしました。

 

舌をかむ代わりに、日本語のた行とだ行の音で対応できます。

 

例えば、

I think....

を、

アイ ティンク…(ティンカーベルのティンの音)

と言えばよいです。

 

the door

の the は、

と言えばいいです。

 

小学校の英語講師をしていたとき、フィリピンの先生は、この、た行、だ行で対応していました。日本人で留学した人でも、thは発音しない人もいます。

 

私の場合は、中学から英語を始めて大好きになり、言語として勉強したというよりは、音楽として歌っていた(?)という感覚で音読練習を毎日のようにしたおかげで、自分で言うのもなんですが、留学していないのに、どの国で英語を勉強したのかと外国の人に必ず聞かれるくらい上手になりました。

 

でも、本当に、好みの問題だと思いますよ。時間がかかりますからね。

 

もし、きれいに発音してみたいなーと思う方がいたら、またお子さんがそう思っているようでしたら、こちらの教材を参考になさってください。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

ということで、チャレンジイングリッシュのステップ7の発音練習「th」は出来なくても全然大丈夫で、ただ、英語にはこういう音があるんだよ、って分かるだけでいいよ、学習しただけでエライよ、と、是非お子さんを褒めてあげてくださいね^^。

 

チャレンジイングリッシュ 14回目のオンラインレッスン

おはようございます^^。

昨日は、小学4年の娘が、チャレンジイングリッシュの、14回目のオンラインレッスンを受講しました。

今回は、Level 3 Step 7 のオンラインレッスンです。

パソコンの前で待ち、時間になると、パッと先生が画面に映り、

"Hello, how are you?"の挨拶で始まりました。

Step 7 のオンラインレッスンの内容は、

"Where is my eraser?"

”Is it in your left (right) hand?

”Yes, it is.”(No, it isn't.) のやりとりです。

 

今回は、初めて子供1人でオンラインレッスンを受けました。不安そうな様子もなく1人でも全然平気そうでした。こうなるのに、うちの娘は1年かかりましたよ!

 

キーフレーズ

Where is my eraser? 

Is it in your right (left) hand?

Yes, it is. No, it isn't .

 

の会話で、質問と答えの両方とも2,3回ずつ先生とやりとりができていました。


前回より、15分のオンラインレッスンが充実していたと感じました。


もしかしたら、私が前回かいたレッスンアンケートを読んで、すこし改善してくれたのかも!と勝手に思っています。↓

チャレンジイングリッシュ ステップ5のオンラインレッスン、再び! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!

 

今回のオンラインレッスンで用意したものは、消しゴム。


消しゴムを自分のどっちかの手の中にいれて、先生にWhere is my eraser?と聞くのですが…


娘が選んだ消しゴム、すんごい長いやつだったんで(!)、手の中に隠れず^^;、苦労していた様子。


皆さん、ステップ7のオンラインレッスンの消しゴムは、手のひらサイズを用意してくださいね^^~。


あっという間に15分のレッスンが終わり、また同じ先生で今すぐオンラインレッスンの予約をとりたい!というので、


「いやいや。次回はステップ8でオンラインレッスンやろうね、そのためには、ステップ7のステップアップテストを受けないとね!」と言ったら納得?していました。

 

ベネッセのチャレンジイングリッシュには、毎月、オンラインレッスンが月に1回が基本ですが、


もっとやりたい人のために、オンラインレッスンチケットも購入できるので、週に1回くらいのペースでオンラインレッスン増やしてもいいかなあ、と最近思い始めました^^。

 

フォニックスの学習は、必要ないと思います

こんにちは。今日は、時間がなくて、チャレンジイングリッシュの1レッスン、しかも、フォニックス(音と綴りの法則)のチョー短いレッスンだけ学習してから登校しました。それと、単語を読む練習もしました↓

チャレンジイングリッシュで、英語の文字を読む練習を始めました! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!


今日学習したのは、

Challenge English  Level 3  Step 7  Phonics の Lesson 2 です。


ここでは、子音(x「エックス」以外)の音を区別するレッスンです。

英語の単語をきいて、同じ音で始まる単語を探します。


レッスンのペースがちょっとゆっくりで、娘は、ちょっとイライラぎみでした^^;。

 

私は英語を教え始めるまで、実は、フォニックスのことは全くといっていいほど知りませんでした。自分も習ったこともない。


中学時代に音読しまくって、英語の基礎力を蓄えたのですが、音読しているうちに、音とつづりの法則も覚えてしまったようです。


音読の大切さについては、こちらのブログを参照してください↓

声にだして、音読しないなら、どんな素晴らしいテキスト使っても無駄になってしまいます - おうち英話


「量」をこなせば、基本、フォニックスはする必要はないと思っています。


「量」をこなしていく間に、勝手に慣れちゃいますよね。フォニックスをする時間があったら、「音読」にその時間を当てたほうが、よっぽど英語力伸びると、私は思います。


もし、英語教室をこれから開くとしたら、私はフォニックスはやらないでしょう。「音読」とちょっとだけ詳しい「発音の練習」をやれば、自然に吸収していきますから。


ただ、英語のインプット量が少なかったり、音読の練習をしない場合は、フォニックスルールを知っていると助けになるかもしれません。

チャレンジイングリッシュ レベル3のステップ7に入りました。

こんにちは。今朝も、小学4年の娘は、チャレンジイングリッシュで、英語のスピーキングの学習をしていきました(あとは単語読む練習↓)

チャレンジイングリッシュで、英語の文字を読む練習を始めました! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!


今日行ったレッスンは、

Challeng English Level 3 Step 7 Speaking Lesson 3 です。


以前このブログで書いたように、チャレンジイングリッシュでのスピーキングの学習のシステムは、こうなってます。


Lesson 1(4, 7, 10) は、ストーリーを聞いたあと、リピート練習

Lesson 2 (5,8,11) は、キーフレーズの入れ替え練習(パターンプラクティス)

Lesson 3 (6,9,12) は、キーフレーズなどを、実際の場面で使ってみる練習

 

娘は、この3番目の、Lesson 3 のレッスンが大好き。というか、きっと小学生なら興味を持つと思います。


娘がしゃべった英語も録音され、最後に、自分とウェンドルとの会話が聞けるようになっています。こんなことまでできて、月2000円って、本当にコスパがよいな~。


そして、さらにチャレンジイングリッシュを活用するために、ストーリーはすべて紙に書き出し、繰り返し、練習することにしました。詳細は後日書くつもりでいます。


ところで、このスピーキングの流れ、


以前、子供の英語講師をしていたときにやっていた授業の流れとそっくりです。


私が働いていたスクールでは、上記のLesson 1などのストーリーづくりは、各講師にまかされていたので、


毎回毎回、どういうストーリーを作ってキーフレーズを紹介するか、すごーい悩んだものです!


そいういう部分で苦労した分、このチャレンジイングリッシュのフレディたちがでてくるストーリーを見るたびに、


「おお!作らなくても、人形達が演じてくれている!」と毎回感動してしまいます^^;。


ちなみに、英語講師をしていたとき、多い時期は、毎週13種類(13クラスじゃなくて、種類です!)のレッスンを準備していました。


朝起きてから、ずーっと授業準備を数時間してから、スクールへ。好きじゃないと続きませんね、このお仕事は^^。


余談でした。

チャレンジイングリッシュを2レッスンと、単語音読20個の二本立てになりました。

こんにちは。月曜日は小学4年生になってもグズグズです^^;…。だけどチャレンジイングリッシュは好きなようで、登校前に、三つ編みを結っている間に2レッスンやっていきました。

ところで、昨日、私がハリケーン・イルマのCNNニュースをスマホで 英語で聞いていたら、娘が「え?学校がどうしたって?」と、ちゃんとschoolを聞き取っていました。たかが、schoolという一単語でも、リポーターの喋るナチュラルスピードで聞き取ったということに、ちょっと「お、すごーい」と思ってしまいました^^。

さて、先日から英単語を読む練習を始めたわけですが、嫌がることなく、「あ、そう!じゃあ、やるよ。」となんの抵抗もなく、一緒に音読始めました。

ですので、これからの毎日の自宅英語学習は、

●チャレンジイングリッシュ(レベル3)を2レッスン程おこなう。

●チャレンジイングリッシュの英単語(レベル2)のスペル見ながら、1日20単語の音読をする(毎日20単語増やしていく)↓こちらをご参照ください。

チャレンジイングリッシュで、英語の文字を読む練習を始めました! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!

これで、

●英語を聞いて会話、リスニングの練習

●文字を見て、読む学習

の2セットで毎日の学習(10分ちょい)をすすめていきます。

慣れたら、チャレンジイングリッシュのリスニングのスクリプトもフラッシュカードにして、上記レッスンに、追加していくつもりです^0^。

ピアノも毎日練習していますが、こちらも、ダラダラやらず、短時間で凝縮しているので続いているのかもしれません。


チャレンジイングリッシュのリスニングの会話も全部音読して覚えちゃおう!

こんにちは。今朝も、チャレンジイングリッシュ、レベル3のステップ7のリスニングのレッスンを、スキマ時間(3分以内)で学習してから登校しました(^-^)。

今日学習したのは、Level3 Step 7 Listening Lesson 1 です。

5問くらいあって、二人の会話を聞いて、正解を絵の中から選ぶ、という問題です。

会話は数秒間続くのですが、その中で、外来語になっている英語、たとえば、ポケットとか、バック、ヘッド、ベッド、などさえ聞き取れれば、どういう会話をしてるか分からなくても、答えが分かりそうです。なので、英語を学習してない子でも、解けるかもしれませんね^^;。

ところで、昨日から英語の読む練習を始めましたが(過去記事参照↓)

チャレンジイングリッシュで、英語の文字を読む練習を始めました! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!

今日、リスニングのレッスン中に、またいい方法を思いつきました^0^!

ジャーン!それは、チャレンジイングリッシュを徹底活用するべく、単語だけではなく、チャレンジイングリッシュのリスニングのレッスンででてきた会話を、全部英語で書き出して、それを読む練習もする!です。

だって、1回聞き流して終わり~、じゃ、もったいなさすぎる~。

英語講師をしていたとき、中学1年生が、この方法でぐーんと英語が上手になったのを思い出したんです。

英検3級のリスニングテストの会話の英語を(英検の過去問題集には、リスニングのスクリプトが書いてあるので、それを使用)、ひたすら、CDに続いて音読をさせたんです。ひたすら、音読、音読、音読。暗記が目的じゃあないけれど、音読しまくったがゆえに、暗記をしてしまいました。学校でならったことありませんよね、音読の仕方。

音読の練習をすると、CDをきくだけでなく、CDの英語を真似して言ってる自分の英語の音声も聞くので、1回練習するごとに、2回英語をきいていることになります。

ということで、まとめると、

今日から、チャレンジイングリッシュのリスニングの会話をすべて書き出して、それを読みながら、音読の練習も始めてみよう!でした。

音読の大切さについては、こちらのブログでも書いていますので、読んでみてください。↓

NHKラジオの基礎英語と中学の教科書でかなり会話の学習できます。 - おうち英話