元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

小学生、チャレンジイングリッシュで英語学習が今年夏で丸2年。使う際の注意点をまとめてみました。

2年近く、チャレンジイングリッシュを使ってみて、ここに注意したら、より受けやすいと思うことを書きました。これから始めようかなという方の参考に少しでもなればと思います。

 

①チャレンジイングリッシュは、パソコンやipadなどでやりましょう。

 

チャレンジパッドでステップアップテストを受けたり、オンライントークを受けたりすると、なんだかんだ、不具合がでます。その不具合は殆んどの場合、問い合わせても解決できませんでした。

 

②レベルは、簡単、よりは、少し上の方が、個人的には良いと思います

 

レベル5,6までは、英検5級、4級レベルで、レベル7からとたんに難しくなります。

レベル6までは、復習しながら進むようです。

 

簡単すぎると思ったら、レベル変更してもよいと思います。

 

③途中で、レベル変更ができます。

 

②と関連しますが、

 

フリーダイヤルに電話して、変更してもらうと、3営業日後から、変更したレベルで学習を始めることができます。

 

ただし!抜かしてしまったレベルの努力賞ポイントは、もらえなくなります。

 

例えば、レベル4を飛び越えて、レベル6に行くとすると、レベル5の24ポイント分がもらえなくなります。

 

詳しく説明しますと、

 

1つのレベルに12ステップテストがあり、各ステップテストごとに、2ポイント、努力賞ポイントがもらえます。

 

上記の例の場合、

 

レベル5のステップテスト12回×2ポイント=24ポイントが、

 

もらえなくなるということです。ですから、努力賞ポイントをすごく楽しみにしているお子さんだと、途中でレベルを上に変更は難しいという意味でも、

 

最初のレベル設定は、大切です。

 

④親に送られるメールをみても、どんな英語を学習したかは、書いてないので、分りません。

 

「読む」レッスンをしました、という簡単なお知らせだけです。

 

中身を知りたいときは、おうちの方ウェブからはいり、カリキュラム一覧を見ると、少しは内容を知ることが出来ます。各レベルの各カリキュラム内容が、一部かいてあります。

 

⑤ソフトの動きがゆっくり

 

他の通信教育を試したことがないので比較ができないのですが、

 

例えば、正解しても、次の問題に移るまで数秒かかったり、

ソフトが動き出すまで十数秒かかったりします。

 

ストレスに感じるお子さんもいらっしゃると思うので、対策が必要です。

 

ウチの場合は、待っている間、手芸をしながらチャレンジイングリッシュをすることもあります。

 

⑥マンネリ化

 

どんなことにも言える事だと思いますが、チャレンジイングリッシュに慣れてくると楽しくなりますが、

 

慣れすぎると、飽きて新鮮さが薄らいでいきます。

 

そんなときは、ペースを上げてみるのも良いかと思います。

 

1年かけて1つのレベルを終わらせるというペースではなく、1年で2つか3つのレベルをどんどん進めていくというのも良いと思います。

 

我が家の目標は、小学5年のうちに、レベル4,5,6を一気に終わらせることです。1つのレベルの学習時間なんて、実は、2時間しかないですから!繰り返し練習するなら別として。

 

飽きたらやめるのではなく、継続する、という意思を親子が持って、工夫していく必要もあります。

 

以上、今の時点で気づいた点を書き出してみました。

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ3に入りました。

小学5年生にもなると自分のことは自分で決めていくようになりますね。

 

今まではチャレンジイングリッシュだけは朝学習になっていたのですが

 

どちらかというと 朝はリラックスしてから学校に行きたいようなので

 

帰ってきてからの学習に変えました。

 

小4までは、子どもがチャレンジイングリッシュをしている間、私も一緒に見ながら子どもの三つ編みを結っていたものですが…。

 

もう髪の毛も自分でとかし、自分で結います。

 

ああ~、私が子どもの三つ編みを結ってあげていた頃がなつかしすぎます。

 

 さてさて、

 

昨日は 今まで嫌いだった読むレッスンを三つも一度にやりました。

 

しかも自分からやりたいと言って。

 

これは嬉しい変化です。

 

本日のレッスン箇所は、

Challenge English Level 4 Step 2 Reading lesson 1,2,3 です。

 

読むレッスンですので、 口を動かしてブツブツ音読しながら解くのではなく、

 

英文を見て必要な情報だけささっと見つけて 回答するという方法が良いです!

 

本を読むスピードが遅くなってしまう場合、その原因のひとつが

 

小学校でずっと続く「音読」なんですって!

 

黙読するスピードも「音読」と同じスピードになってしまうんですって!

 

「文字を」→「音に変換しながら」読む、だから、読むスピードが遅い。

 

速読の本に、そうありました。

 

 

ライティングのレッスン1は 道案内を聞いて どの建物かを当てるゲーム。

 

内容を少しかえて、例をあげると、

 

Go straight for two blocks from the station. Turn left at the corner.

Walk two blocks and it's on your left.(短すぎて内容を変えるのが難しい…)

 

コレを読んで、地図を見て、建物を当てます。

 

 

レッスン2と3は推測ゲームで 色や形や数をヒントに どの単語の事を言っているか当てるゲームでした。

 

またまた内容を変えて、例をあげると、

 

It's round. It's red. It's a fruit. を読んで四択から選ぶ形式。

 

色、形などが分れば一瞬で分っちゃう問題。

 

レッスン1とのギャップが大きい?!

 

ついでにステップアップテストもやってしまい レベル4のステップ3に入りました!

 

1つのステップを2週間くらいで終わらせたいなあ。プランを作って、見える化して、ちゃんと進めてみようかなぁ。のんびり屋の母、がんばってみよう!

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ2のリスニングレッスン3

昨日に引き続き、チャレンジイングリッシュのリスニング問題をしました。

以前、このようなことを書きましたが、

bluedaisyday.hatenablog.com

 

いやいや、

 

レッスンが進むにつれて、リスニングとリーディングは、ちょっとがんばらないと満点とれない内容になってきましたよー!

 

やりがいがでてきました。

 

本日のレッスン箇所は

Challenge English Level 4 Step 3 Listening lesson 3 です。

 

1つの文章を聞いてから、3つの問題に答える形式!ちゃんと聞いてないと、あとで何を質問されるかわからない!

 

ちゃんと聞こうねと反省したのに、

 

また、リスニング中にまた子どもがしゃべりだした!

 

「あ、分った!こういう質問じゃない?!ね?ね?あのさ…」

 

おーい、最後までちゃんと聞いてくれーぃ!

 

結局、4問中1問の答えが分りませんでした。

 

…ちゃんと聞こうねーー;

 

ところで、チャレンジイングリッシュは、英検3級までのが学習ができる教材。

 

レベル4はまだ4級の最初のほうかな、とカリキュラムをみて推測しているのですが、

 

リスニングに限っては、レベル4でも、英検3級の半分程度のレベル

 

と推測します。

 

実際に、検証してみたくなり、英検の過去問集で手ごろな値段のものを購入。

f:id:bluedaisyday:20180516094502j:plain

 

何年ぶりだろう!英検3級の問題見るなんて!(10年は確実に過ぎてる…。はれま~。)

 

昔は、数年分の過去問を、切り貼りして、自作の問題集を作って、英検クラスやったなあ~。なつかしい!

 

という昔話はや・め・て、

 

CDでリスニング問題きいてみました。以下、感想です。

 

3級リスニング第一部は、チャレンジイングリッシュのレベル4ができれば、多分解けますね。

 

第二部も、半分くらいはいけるかも。

 

第三部は、会話ではなく文章で、

わざと複雑にして間違えやすいように作ってある問題もあるので、

 

(例えば、○○ちゃんは、りんごが好きで、△△ちゃんは、ぶどうで、△△ちゃんの妹はイチゴが好きで~、という具合に。あれれ~、ワタシ日本語で聞いても分らなくなりそうだよぉ~@@?脳みそ大丈夫か?!)

 

まだちょっと難しいでしょう。

 

英検3級と大きく違うのは、文法内容。例えば、

 

まだチャレンジイングリッシュでは学習していない

 

動詞の過去形や

 

until などの接続詞

 

単語

 

など(その他諸々)が出てくる、という点です。

 

まとめると、

 

チャレンジイングリッシュのレベル4のリスニング問題は、英検4級と3級の間くらいの学習内容ではないか、です。

 

じゃあ、チャレンジイングリッシュのレベル8って、一体どんなリスニング問題なんだろう!?はやく覗いてみたいです。

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ2のリスニング問題。ちゃんと集中して聞こうよ!

最近のうちの子ども(小学5年生になりたてホヤホヤ)からの英語の質問です。

 

「ママ、外国って英語でなんていうの?」

 

「foreign countries」だよ、と私(一緒に海外旅行でもしたくなってきたぁぁ^^?じゃあがんばって働くよ~。)

 

「ママ、じゃあ、『事件』ってなんっていうの?」

 

「うーん、crimes かな。」(テロ事件などをニュースで見ていて怖がっていたので)

 

「ママ?」

 

「ん?(いやな予感)」

 

「(きっぱりと)I don't want to go to foreign countries because crimes が沢山あるから!絶対行きたくない!」

 

そ、そうですか…。食事中になにを言いだすかと思ったら…。家族で一緒に海外旅行って、うちはなさそうです。

 

さて、やっと風邪が治ったので、朝学習再開。

 

本日の学習箇所は、

Challenge English Level 4 Step 2 Listening Lesson 2 です。

 

今までは(レベル3)、リスニング問題の英文が読まれている間に、子どもは、私とちょっと会話をしながらでも、正解することができました。

 

しかぁし!レベル4は、「なめんなよぉ~」です。

 

ペチャクチャおしゃべりしながらなんて、英語聞き取れません!

 

1つの文につき、質問が、1つだったり、2つだったり、3つだったりして、予想が難しくなってきました。

 

だから、

 

ちゃんと集中して聞きましょう!(私も子どもも!)

 

レベル4は、今までの復習もたくさん入っていて、where, what, what time, when などの疑問詞もふんだんに使われていました。

 

次のリスニングレッスンは、ちゃんと聞こうと思います。

 

最近書いた記事で、小さいお子さん用の英語の歌のCDを紹介しています~♪↓

bluedaisyday.hatenablog.com

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ2 会話のレッスン what time, where, what などの疑問詞

小学生の我が子、今朝もチャレンジイングリッシュで英語の朝学習。

 

本日学習した箇所は

Challenge English Level4 Step 2 Speaking Conversation Lesson 4,5,6,7です。

 

フレディ君がでてくるストーリーのあるレッスンなので、楽しい。早く次が見たい!と子ども。

 

今までの復習も兼ねているのかな、色んな疑問詞が次々でてきていました。

 

what, where, what's , Can you...?

 

しかし!フレディ君が、鶴の折り紙をみて、「What's this?」と聞いたときは、二人で笑ってしまいました!

 

「え?知らないのぉ。変なのぉ。」と子ども。

 

キーフレーズ以外にも、会話の中で、使えそうなフレーズが沢山。

 

さっそく、スマホでとった画像を見ながら、スクリプトをタイプしました。

(教材オタクだから、やらないと気がすまない…。)

 

f:id:bluedaisyday:20180509075719j:plain

 

I'll show you.

other

I'm looking for...

I hope... など、

 

沢山使える英語がありました。

 

タイプしたスクリプトを使って、何回か読む練習をすると、フォニックスなんてしなくても、読めるようになるものです。

 

ちなみに、最近、ちょっと簡単すぎるかなと感じているので、

 

途中からレベルの変更ができるかどうか、電話で問い合わせてみました↓。こちらからご覧ください!

 

challeday.hatenadiary.jp

小学生、チャレンジイングリッシュで英語学習が今年夏で丸2年。使う際の注意点をまとめてみました。

2年近く、チャレンジイングリッシュを使ってみて、ここに注意したら、より受けやすいと思うことを書きました。これから始めようかなという方の参考に少しでもなればと思います。

 

①チャレンジイングリッシュは、パソコンやipadなどでやりましょう。

 

チャレンジパッドでステップアップテストを受けたり、オンライントークを受けたりすると、なんだかんだ、不具合がでます。その不具合は殆んどの場合、問い合わせても解決できませんでした。

 

②レベルは、簡単、よりは、少し上の方が、個人的には良いと思います

 

レベル5,6までは、英検5級、4級レベルで、レベル7からとたんに難しくなります。

レベル6までは、復習しながら進むようです。

 

簡単すぎると思ったら、レベル変更してもよいと思います。

 

③途中で、レベル変更ができます。

 

②と関連しますが、

 

フリーダイヤルに電話して、変更してもらうと、3営業日後から、変更したレベルで学習を始めることができます。

 

ただし!抜かしてしまったレベルの努力賞ポイントは、もらえなくなります。

 

例えば、レベル4を飛び越えて、レベル6に行くとすると、レベル5の24ポイント分がもらえなくなります。

 

詳しく説明しますと、

 

1つのレベルに12ステップテストがあり、各ステップテストごとに、2ポイント、努力賞ポイントがもらえます。

 

上記の例の場合、

 

レベル5のステップテスト12回×2ポイント=24ポイントが、

 

もらえなくなるということです。ですから、努力賞ポイントをすごく楽しみにしているお子さんだと、途中でレベルを上に変更は難しいという意味でも、

 

最初のレベル設定は、大切です。

 

④親に送られるメールをみても、どんな英語を学習したかは、書いてないので、分りません。

 

「読む」レッスンをしました、という簡単なお知らせだけです。

 

中身を知りたいときは、おうちの方ウェブからはいり、カリキュラム一覧を見ると、少しは内容を知ることが出来ます。各レベルの各カリキュラム内容が、一部かいてあります。

 

⑤ソフトの動きがゆっくり

 

他の通信教育を試したことがないので比較ができないのですが、

 

例えば、正解しても、次の問題に移るまで数秒かかったり、

ソフトが動き出すまで十数秒かかったりします。

 

ストレスに感じるお子さんもいらっしゃると思うので、対策が必要です。

 

ウチの場合は、待っている間、手芸をしながらチャレンジイングリッシュをすることもあります。

 

⑥マンネリ化

 

どんなことにも言える事だと思いますが、チャレンジイングリッシュに慣れてくると楽しくなりますが、

 

慣れすぎると、飽きて新鮮さが薄らいでいきます。

 

そんなときは、ペースを上げてみるのも良いかと思います。

 

1年かけて1つのレベルを終わらせるというペースではなく、1年で2つか3つのレベルをどんどん進めていくというのも良いと思います。

 

我が家の目標は、小学5年のうちに、レベル4,5,6を一気に終わらせることです。1つのレベルの学習時間なんて、実は、2時間しかないですから!繰り返し練習するなら別として。

 

飽きたらやめるのではなく、継続する、という意思を親子が持って、工夫していく必要もあります。

 

以上、今の時点で気づいた点を書き出してみました。

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ2 リスニングの問題が急にレベルアップ?!

今日のレッスン見て、びっくり~。

 

チャレンジイングリッシュのレベル4は、英語の内容的に、英検5級~4級の間ですが、

 

リスニングのレッスンは…、それ以上だ…。

 

 

今朝、タブレットでリスニングのレッスンを小学生の子どもがやり始めました。

 

脇で見ていた私は、焦りました。

 

(お、ヤバイ!このリスニングは早すぎてできないかもぉ…!)

 

「え?この問題分る?」と、反射的に子どもに聞いてしまいました。

 

しかし、基本的には、英単語が分れば解ける問題。

 

焦る私を尻目に、「これだよね。」と答えを見つけ、冷めた目で問題をこなす子ども…。

 

そして、全問正解できました。

 

チャレンジイングリッシュで、毎日、いや週に5分×3回など、ホソボソと学習してるけど、

 

子どもは吸収力がすごいんだな~。

 

これは、多分、英検3級くらいのレベルと思いますね~。(今すぐにくらべてみたいけれど、3級の問題集は、今月末に購入予定。1000円といえども、倹約中ですのでねぇ…。)

 

ですので、こちら(↓)の、「お試し無料体験」で、ちらりと確認してみましたが、やはり、早さといい、量といい、3級レベルと思います。

旺文社の英検®対策問題集とCDがひとつに! 英検®合格の必勝法 ショウイン式HPへ|お問い合わせ|サイトマップ フリーダイヤル0120-037-401 サンプル版の無料体験 会員様ログイン、学習スタート

 (初めてリンクというのを貼ってみました↑。なんだか、長い文ですね。)

 

英語の行数にしたら、10行くらいの量で、

 

速度も、レベル3までは、

 

「おい!起きろー!」と突っ込みたくなるくらい、ゆっくりなペースだったのが、

 

レベル4では、容赦なく、会話が先へ先へと進みます。

 

あれれ~、待ってぇ、という感じです。

 

まとめますと、

 

チャレンジイングリッシュのレベル4のリスニングは、急にレベルアップします。

 

もし間違えた問題があれば、リスニングの場合はスクリプトが手に入るので(○×の結果のページにスクリプトがあります)これを、一度読んでみて、

 

そして、もう一回同じリスニング問題をやってみると、よいと思います。

 

これからさらに、同じような速度と内容のリスニングが続くわけですから、

 

間違ったところは、スルーしないで、スクリプトで確認してから、もう一回やってみましょ!

(やだぁ、なんだか塾の先生みたいで…)

 

これやると、かなり力付きますよ^0^!これは、子どもだけじゃできないから、おうちのかた、是非サポートしてあげてくださいね!

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ2にようやく入りました。

久しぶりの更新…。

 

チャレンジバッドの不具合に続き、お稽古事の発表会、それに続く親子で胃腸炎…。流行っていたとは知りませんでした。予約していたオンライントークもキャンセル。

 

やっと回復しました。GW後半に間に合いました。健康はありがたいですね。

 

さて、本日は、

Challenge English Level 4 Step 2 Speaking Conversation Lesson 1 です。

 

Where is ...? が、キーフレーズのようです。

 

場所をきいて、道順を教える、というやりとり。

 

go straight、とか、 turn leftなどの答え方は、レベル3のステップ10、11でやりました。この道順を教えるときのフレーズは、小学生は好きなようで、すぐに覚えます。道順を教えてあげるのも大好きです。

 

しかし、うちの子が、一番反応していたのは…

 

フレディが、地図の中のお花屋さんを指差すときの、「モフモフした」フレディの手!

 

「チョーかわいい~!!」とそこに注目~!(してるあなたも「かわいい~」)なんて

 

言ってられるのも、今のうちですね。

 

もう小学5年ですので、長すぎる髪の毛も自分で管理。わたしは、子どもがチャレンジイングリッシュをやっているのを、横からチラチラ見る程度になりました。

 

フラッシュカード(↓)も、中学年まではそれでよかったのですが、

challeday.hatenadiary.jp

 

高学年になったら、A4の紙にタイプしたもので、十分なようです。

 

レベルアップしたといっても、ステップ2と、ステップ3は、まだまだ復習程度。本当にレベル4らしくなってくるのは、ステップ4あたりから。

 

今、レベル1からレベル8までのカリキュラム表を見ながら書いていますが、

 

過去形がまだでてこない…。カリキュラムを見ると、なんと、遥か遠く、レベル8ではないか!

 

日常生活で沢山使う、英語の「動詞の過去形」。しかし、多くのテキストでは、過去形はなぜか、なかなか出てこない。

 

学習量も、ステップ6までは、復習しながらゆっくり進み、ステップ7から、どーんと量が増えますな…^^;。それだったら、もうちょっとステップ5とか6から、内容を増やしてくれれば良かったのに、とも思います。

 

5年のうちに、レベル4,5,6を終わらせて、6年で、レベル7,8をやるくらいのペースでもよいかなと、最近思うのでした。