元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

個人のブログ。元英会話講師がチャレンジイングリッシュをどうやって効果的に使っていくか、日々模索している様子を書くブログ。

チャレンジイングリッシュで英語学習を始める前に、最初に知っておくと良いこと。

我が家はチャレンジイングリッシュ歴3年。

チャレンジイングリッシュを始める前に

おうちのかたが知っておくと得なことではないかと思うことを書きました。

(デジタルレッスンのみに関すること。現在オンラインレッスンはやっていません。)

 

①お子さんがチャレンジイングリッシュのレッスンに慣れるまで、仕組みが分かるまでは、そばにいて、一緒にレッスンを見てあげてください。

 

どちらかというと、子どものほうが、デジタルに強いかもしれませんが、

画面がシンプルではなく、ごちゃごちゃしているので、

アイコンに慣れるまで、私は時間がかかりました(--;)。

 

お子さんの学習記録がメールに送られてきますが、

どんな英語を学習したか、

その英語そのものは、メールに

書いてないので分かりません。

 

ですので、どういう英単語をやったのか、

どういう英文を学習したのか、

さっぱり分かりません。

 

ですので、お子さんが一人でできるようになってからでも、

たまに、学習の様子を見ると、どんな英語を学習しているかが

分かります。

 

または、チャレンジイングリッシュの全レベルのカリキュラムを見るのも良いと思います⇒②へ続く。

 

②おうちのかたウェブにカリキュラム一覧があります。

各レベルで、どんな英語を学習するのかがわかる一覧表があります。

私はそれを好きなときに見れるように、印刷してあります。

おうちの方ウェブのページ左側にアイコンがあります。

 

③チャレンジパッドで学習中、たまにフリーズします。

特に小さい子どもは、待つのが苦手。

 

フリーズしたのを再起動している間に、

小学1,2年生だと、ほかの事をやりだすかもしれませんね…^^;。

 

そのときに、さっと、チャレンジイングリッシュに、お子さんを戻してあげましょう。

 

④英会話の練習のときに、マイクに向かって、英語でなく、他の音をだしても、音声判定でOKがでてしまうことがある(ガーン)!

 

うちの娘が、4年生のとき、

「マイクをガチャガチャと触って、手で出した音でも、

音声判定で、Good! が出る」

 

ことを、偶然知ってしまいました。

 

すると…、

 

本来繰り返し英語をしゃべって練習する場面でも、

 

他の何かの音をだして、音声判定のOKがでるので、

おもしろがって、しゃべる練習をしなくなりました(t0t)。

 

ですので、

 

「聞いたとおりに繰り返して言ってみると、すごく上手になるよ。」と

最初に言っておくとよいでしょう。

 

「大きいはっきりした声じゃないと、認識されないかもしれないから、

聞こえた英語の通りに、言ってみようね。」とあらかじめ刷り込みましょう。

 

音声判定があまり厳密ではないことが、お子さんにバレないといいですね。

 

 

⑤慣れてくると、待ち時間がストレスになるお子さんもいるかもしれない。

一気に沢山のレッスンをすることもありましたが、

そういう時は、待機時間が長いのが、いつもより余計

気になりました。

 

そんなとき、うちの娘は、

そばに編み物とか折り紙とか置いておいて、

待ち時間などに、やっていました^^;。せっかちなので…。

 

最後に…

⑥すこーしでもできたら、沢山ほめましょう。

 

褒めてあげたら、英語が好きになるでしょう。

  

「英語が好きになること」

「得意だと思うこと」が重要です。

 

なぜなら

 

バイリンガル教育ができる環境でない限り、

語学習得には、かなり時間がかかると思っておいてください。

 

ですから、中学生、高校生、大学生になって、

自分で学習を進めていく年齢になってから

どのくらい時間を割いて、

自主的に英語学習ができるか、

にかかっています。

 

カナダのケベック州は、

英語とフランス語のバイリンガル教育をしているので、

18歳の時点で、英仏のバイリンガルに育ちます。

 

それまでにかける時間は、何時間だと思いますか?

(ご興味のある方はこちらをお読みください↓。)

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること

 

 

なんと5000時間です。

 

えぇぇぇぇ!

 

1000時間単位の練習量が必要なんですねー。

 

ですので、チャレンジイングリッシュでの英語学習時間は、

上記のような学習量に比べると、かなり少ないですね。

(週一回一時間の英会話よりは長いと思いますが。

週一だと年間にすると、45時間ぐらいですからね。)

 

ですので、

「英語を好きになってもらう」

「少しでもできることが増え、自分は英語ができるんだ」という自信を持ってもらい、

 

後々、学力が伸びていく時期の、ガソリンにして欲しいと思います。

 

ですので、

 

「発音違うじゃん」とか、

「英語学習してんのに、なんでできないの?」

「もう忘れたの?」

 

 みたいな、

 

マイナス発言はNGです。

ガソリンがなくなります。

 

 以上、最初に知っておくと良いと思うこと、でした。

 

こちらは前回の記事です↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

(こちらで、チャレンジイングリッシュが受講できます↓。)

 

チャレンジイングリッシュ初心者の方へアドバイス。レベル設定、レベル変更、レッスン進度について。

 

 

2019年度4月の小学講座から、チャレンジイングリッシュのデジタルレッスンもついてきますね!

 

大きいくくりからいうと、カリキュラムは、

レベル→ステップ→レッスンという階層になっています。

慣れるまでややこしいんですよね、このカタカナ用語が…。

 

 3年使っている我が家からのアドバイスです。お役に立つとよいのですが…。

 

レベル設定

最初にレベル判定を受けます。最初のスタートは、

そのときに判定されたレベルからとなります。

うちの娘は、小学3年生のときに、レベル3と判定され、レベル3から始めました。

 

 

 

レベル3まで、

つまり、レベル1,2,3のコンテンツがダウンロードされます。

 

ですので、レベル3でちょっと難しいかなと思ったら、すぐに、すでにチャレンジパッドにダウンロードされている、レベル1,2をあければ、すぐにできます。

 

 

レベル3では、アルファベットの音を、しっかり学習できるレッスンがありました。

楽しいレッスンでしたし、英語の音の聞き取り練習として、とてもすばらしいと思いました。

 

少しでも英語学習経験がある場合は、チャレンジイングリッシュのレベル3も大丈夫ではないかと、個人的には思いました。

 

 

(ここでいきなり邪道なやり方を紹介してしまいますと、、、

 

一気にすべてのレベル内容をダウンロードしたい場合はですね、

 

英語ができるご家族のかたが、レベル判定を受けまして、

レベル8の判定をゲットしてしまえば、

レベル1からレベル8までの全部のコンテンツが

ダウンロードできるので、

後でややこしいレベル変更しなくて済むんですよ。

 

ただし!

 

努力賞ポイントは、レベル7までの分は、

すべて、パーになりますね、多分。

 

普通は、下のレベルから、テストに合格して

上のレベルに上っていくときに努力賞がもらえますから…。

念のため、確認してから行ってください!)

 

レッスン進度

1レベルには、だいたい5分未満のレッスンが、348くらいあり、

(1レベル=だいたい29レッスン×12回=348レッスン)

 

5分×348レッスン=29時間くらい

 

です。

 

それが8レベルある、ということは、

 

29時間×8=232時間

 

ということになります。

(あくまでも私なりの概算!)

 

DWEの場合は、就学前までに2000時間を学習するデザインになっているようです。

 

それと比べると、本当に触り程度の時間になります。

 

ですので、1年間で1レベルと思い込まずに、

 

ひとつのレベルを、どのくらいの期間で終わらせたいかを、

最初に、暫定で決めておくと、進度設定しやすいですね。

 

我が家はそれをせずに、ダラダラとやっておりましたら、

 

1年間に1レベルという進度になってしまいました。

ですから、

小学3年生でレベル3

小学4年生でレベル4

小学5年生でレベル5

でした。

 

振り返ると、

これはちょっとペースが遅かったかなー、と思います。

 

途中でのレベル変更

しばらく学習してみて、現在やっているレベルが低すぎると思ったら、

 

ステップテストを次々と最後まで受けていくと、

レベルテストが最後に受けられるので、

 

例えば、レベル3が簡単すぎたら、

 

どんどんレベル3のステップテストのみ

(つまりレッスンはすっ飛ばして)を受けていき、

最後にレベルテストをうけて合格すれば、

 

レベル4にいけます。

 

最初は、それを知らずに

あせって無理やりすべてのレッスンをやってました^^;。

(そのときに、飛行船がぐるぐる回る待機時間を

かなり恨めしく思ったものでした^0^;。)

 

こういう記事も書きました↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

こちらのブログ(↓)では、チャレンジイングリッシュ以外の英語教材を紹介しています。良かったらのぞいてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

 

(こちらで、チャレンジイングリッシュがご受講できます↓)

 

2019年度4月から進研ゼミの小学講座に、チャレンジイングリッシュも勝手についてきます。英会話中心のデジタルレッスンです。

 来年度から進研ゼミの小学講座にチャレンジイングリッシュのデジタルレッスンが組み込まれているので、

 

別に興味がなくても、小学講座を始めた人のところに、デジタルレッスンが勝手に来ますね!

 

進研ゼミの小学5年生講座には、すでに英語が入って5教科になります。

 

そこに、

 

チャレンジイングリッシュまでやる時間と気持ちがあるか、分からないというご家庭でも、

 

一度チャレンジイングリッシュを開いてみると良いかと思います。

 

すぐにお分かりになるのは、

 

チャレンジイングリッシュのソフトが

 

待機時間がすごく多いこと。

 

小学講座のソフト会社と、チャレンジイングリッシュのソフト会社は、

 

多分、違うんでしょうね。(予算も…)

 

これはもう、変わらないでしょうね…。

 

そこは我慢ですね。

 

それはおいといて、、、

 

でも、このお値段で、英語の通信講座(デジタルレッスンのみ)が出来るのは、良いなと思っています。

 

来年娘は6年生ですが、チャレンジイングリッシュは続けるつもりのようです。

 

ところで、

 

小学5年生になると、今までやっていた習い事をスパッとやめたりするお子さん、いらっしゃいませんか?

 

私の娘もそうですが、習い事をスパッとやめているお友達、結構いらっしゃいます。

 

なんでかなーと勝手に考えたのですが

 

小学5年生は、見かけまだ子どもですが、中身は大人とそんなに違わなくなってきて、

 

自分が何が好きで、

何が得意で、

何がキライで、

不得意か、というのを

 

はっきりと自覚しはじめているからではないかと。

 

それまでは、純粋に、親の期待や、友達がやってるから、や、惰性で続いていたかもしれないけれど、

 

本当に自分が選びたいものを、小学5年生は、選ぶのだと思います。

 

小4くらいまでは、

 

親はそういうつもりでもなんでもないのに、

 

水泳の選手にならなきゃいけないから、習っているとか、

 

ピアニストにならないといけないから、習っているとか、

 

子どもは、親の期待を、親がそんなこと思っていなくても、

 

勝手に背負い込むのではないかと、思います。

(もしくは、親の隠れた願望を敏感に察知するのかも!)

 

なぜこんな話になったかというと、

 

 

親のいうことをきくは、いくら遅くても小学4年生まで。

 

あとは、なんでも自分で決めていきます。

(そうやっていかないとね。)

 

ですので、英語というお稽古も、小学4年まではやっておいたほうが、

 

良いと、思うのです。

 

子どもの好き嫌いにかかわらず、

とりあえず、楽しくやってもらいます。

英語に触れさせておきましょう。

 

小学5年生で辞めてしまったとしても、

(語学は止めたらそこでストップ。他の技術より忘れるの早い。だから少しずつでもやっといたほうがよいけど、、、。)

 

英語を聞き取る能力、

英語を真似していってみる能力、は、

 

中学になって、役に立つでしょう。

脳みそのどこかに、学習した跡が必ずどこかに残っていると思います。

それを、小さな種にして、英語力をのばしていけばよいのです。

 

ですので、せっかく小学講座にくっついてくるので、

やってみてはいかがでしょうか。

 

ただ、どんな教材にも言えると思うのですが、やりにくさなど、使いづらさなど、色々でてきます。

 

そのときに、

 

こちらのブログが役に立つと良いのですが(↓)…。

 

challeday.hatenadiary.jp

 

challeday.hatenadiary.jp

 

チャレンジイングリッシュの「語いリスト」が、最近、グニャグニャになってきました…^^;。

毎日5分ですが、英語学習、なんとか続いています^^;。

 

英単語は、チャレンジイングリッシュの「語いリスト」をつかい、

1日20個の英単語を読み上げるだけの練習です。

「おうちの方ウエブ」から印刷できます。

(しかし、薄いA4用紙だと、ボロボロになってきます。)

語いリストについては、こちらをお読みください↓。

チャレンジイングリッシュのボキャブラリーレッスンは使いづらい。「語いリスト」を使ってこんな裏技的やり方をしています。 - 元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

 

 

なぜ、デジタルレッスンを使わず、

紙媒体の「語いリスト」を使っているかと言うと、

 

①すぐにアクセスできる

②一度に沢山できる

 

からです。

 

皆さんのお子さんは、ビクターのボキャブラリーレッスンをされていますか?

うちの子どもは、待つのが苦手。ボキャブラリーレッスンのソフトの動きの遅さがストレスなんです。ですので、英単語は、もっぱら紙媒体。

 

でも、英会話レッスンのフレディのレッスンは、映像、音声で英語が学べるので、そのレッスンは利用しています。

 

2019年度から、進研ゼミの小学講座に、このチャレンジイングリッシュのデジタルレッスンだけ合体しますが、今までの受講料に700円ちょっと値上がりするだけ。

 

HNKのラジオ英会話のCD付きテキスト↓(1720円)より、安く、しかも映像つきの英会話のデジタルレッスンが受けられるので、お得感あります。

NHKラジオ基礎英語1CD付き 2018年 07 月号 [雑誌]

NHKラジオ基礎英語1CD付き 2018年 07 月号 [雑誌]

 

 

ちらりとNHK基礎英語1の2019年4月号を立ち読みしましたが、

ストーリー的に、キャラクター的に、

うちの娘には合わないだろうと思いました。

 

ところで、

 

英単語学習に良さそうな教材を最近見つけました。

 

どちらも語彙数1000語未満なので、チャレンジイングリッシュのレベル3か4に値し(したのブログに単語数比較があります)、小学校中学年までには終わらせたい教材です。

 チャレンジイングリッシュの英単語数と英検の単語数などを比較をしてみました。 - 元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

 

こちらはカード式になっています。やっと見つけましたよ!カード式!

小学生の英単語カード950 (新レインボーはじめて英語図鑑)

小学生の英単語カード950 (新レインボーはじめて英語図鑑)

 

 単語帳だと、単語帳あるあるで、

「右側の真ん中あたりの単語だということは分かるけど、なんだっけ?」というように、印象がぼんやりしますが、

 

カードだと、

 

一枚に一単語のほうがインパクトがあり、印象に残ります。

 

あくまでも、暗記ではなく、

声に出し、絵やスペルをみて口に出して読んで練習するため、

 

と思って使ってください。こちらに詳しく書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

こちらは、音がでるペンつきです↓。

 

 音がでるので、幼児~小学校低学年のお子さんが楽しんで学習するのに適しているかと思います。

詳しくはこちらに書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

チャレンジイングリッシュは、フレディの英会話のレッスンしかやってない、という方がもしいらっしゃったら、

 

英単語学習は、こちらの教材を使って学習する、でもいいかもしれません。

 

若干内容に違いはあるかもしれませんが、英語教材はだいたい似たり寄ったりなので、あまり気にしなくてもよいかと思います。

小学生のための通信教育での英語学習。チャレンジイングリッシュを使った、我が家の学習公開…というほどでもないのですが…。

英会話教室が、近くになかったら、

英会話、または英語を習いに行く、という選択肢、ないですよね。

 

そういう人たちのために、NHKのラジオ英会話とか、通信教育があると思うのですが、

 

でも、その方が、英語力がつくかもしれません。

 

ということを、私は知っているので(自分がそう)、

 

わが子にも、通信教育を選んだんですね。

 

最近は、チャレンジイングリッシュで学習した内容を、こんな感じに紙に書いて、復習する日々です。

 f:id:bluedaisyday:20190306123629j:plain

 

地味ですよね~。

 

英語講師をしていたときから、勝手にフラッシュカードと呼んでいたのですが、簡単で安いのに効果抜群です。

 

それで、何度も読めなかった単語だけ、こうやって小さいカードにして、繰り返します。

 f:id:bluedaisyday:20190306123700j:plain

 

さらに地味ですね~。(たまに色とかイラストとかつけますが)

 

いつやっているかといいますと、

 

夜寝る前、子どもが布団に入ってから、寝る直前にほんの数分間だけ、このカードを見ながら音読練習するんです。

 

書いて練習しなくても、見てるだけで、ある程度単語も読めるようになるんですよ。

 

進研ゼミのチャレンジイングリッシュのは、費用対内容は、とっても良いと思います。

 

たえだ、さらに費用対効果をあげるために、こうやって、繰り返し練習をしています。

 

日本の英語学習(多くの英会話スクールでさえ)の足りないところは、この繰り返し音読練習

 

小学校でも、繰り返し練習しているところとそうでないところがあり、それだけで、英語力には差がつくと思いますし、

 

中学以降の英語学習にも、繰り返し音読する、しないで、かなりの差がつくと、予想しています。

 

学校によります。

 

楽しい、という要素も大事なのですが、小学5年生ともなれば、もう大人ですから、学習内容を濃くしてあげないと、すぐ「つまらない。」と言うでしょう。

 

繰り返し音読練習には、このようにめくれるカードがよいのですが、なかなか売っていないのが現状です。

 

大学受験用にはあるんですよ↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

でも、こういう英単語カードって、市販されてないです。

 

旺文社も、こいういう単語帳を出版するのであれば↓、

 

英検3級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検3級 でる順パス単 (旺文社英検書)

 

 

上記の「単語王2202」みたいに、この単語カード版も、是非とも、出版して欲しいものです。

 

なんでどこも出版しないのかなー。

 

私が知らないだけなのだろうか…。

 

進研ゼミの小学講座5年生には、教科としての「英語」と、チャレンジイングリッシュのデジタルレッスンがある。

 

来年度娘が受講する、ベネッセ進研ゼミの小学講座6年生には、

 

教科としての「英語」と

英会話ソフトのチャレンジイングリッシュと、

 

両方が、受講費内にはいっています。

 

1.小学講座の教科の一つである「英語」

 

レッスン数は少なくて、3つくらいなんですが、

 小学講座にも、「英語」がありました。

 

でも、内容が分からないので、とりあえず、

 

アプリの紹介です。

 

英語の絵辞典、

f:id:bluedaisyday:20190301095837j:plain

 

 小文字の練習、

f:id:bluedaisyday:20190301095909j:plain

 

 英文の練習、

f:id:bluedaisyday:20190301095945j:plain

 

 中学1年用の単語帳!とても充実してそうです。

f:id:bluedaisyday:20190301100016j:plain

 

むむむ。なるほど。

 

進研ゼミ小学講座の英語は

英語の読み書き単語力中心のカリキュラムのようですね。

 

 

さて、つぎに、

 

2.チャレンジイングリッシュのデジタルレッスン

 

チャレンジイングリッシュは、4技能ですけど、

 

小学5,6年の小学講座の英語で、

読む、書く、英単語

を中心に学習するから、

 

チャレンジイングリッシュの場合は、

聞く、話す、を中心に活用するといいのではないかと思います。

 

この両方

 

つまり

ベネッセ進研ゼミの小学講座5,6年生の英語と、

ベネッセのチャレンジイングリッシュを

 

100%活用すれば、

 

小学校での英語の授業は、もうバッチリでしょう。

 

 チャレンジイングリッシュはこちら。

f:id:bluedaisyday:20190301100113j:plain

小学講座にチャレンジイングリッシュを合体させたので、2019年4月からの値上げはしましたが、1,000円以内の値上げで、このデジタルレッスンを受けられるようになったのは、マンツーマントーク(オンラインレッスンのこと)を受けないうちの場合は、本当に朗報でした。

challeday.hatenadiary.jp

 

今までの会員価格2,040円でも高いぜ、と逆に思ってしまいますね~^^;。オンラインレッスンは、途中からやらなくなりましたから。

 

(小学講座については、こちらからご覧いただけます↓)

 

 

 

逆に、

 

塾に行っているから、小学講座は受けない。

進研ゼミのチャレンジイングリッシュだけ受講する、というパターンも、

実は可能なんですね(↓)

challeday.hatenadiary.jp

 

さてさて…。

 

娘は、進研ゼミの小学講座だと、タブレットでもサクサク進むと言って、自ら進研ゼミ小学講座の「英語」にもとりくみ、

 

他の教科では絶対にやらない、

 「発展問題」も、「英語」の場合だけ、やっていました。

 

どういう英語を学習しているのか、知りたくて、

 

 

保護者が見れる「おうえんネット」で探しても、

 

例えば、5年生の2月分だと、

 

あこがれの人:

あこがれの人を聞く・答える表現

様子や状態を表す英語

スピーチ・単語の読み

と、書いてあり…

 

どんな英語を使うのか、

さっぱり分かりませんでしたー。

 

 まあ、チャレンジイングリッシュと似た内容だとしても

使える英語にするまでには、

 

練習量

が必要なので、これからも、どっちもやっていきます。

小学5年生、チャレンジイングリッシュは、先に進まず、ひたすら英会話を復習中。

皆さんのお子さんは、小学校何年生からベネッセのチャレンジイングリッシュをしていますか?

 

うちの娘は、本当にほそぼそと継続していて、小学3年生ではじめて、小学5年生の現在は、レベル5を学習中です。

(いつの間にか、来年度6年生じゃないか!!早いです!子どもの成長は早いです…。)

 

本当は、小学生のうちに、進研ゼミチャレンジイングリッシュのレベル8まで行きたかったのですが、無理そうですねー。

 

娘は、どちらかというと、理系なことが好きなので、言語系も得意なのですが、それほど興味がありません。

 

ですので、まあ、今のところは、小学校から中学校へのつまずきがなければいいなあ、くらいに思っています。

 

とりあえず、

簡単な英語が聞いて分かる、

自分のことが英語で言える、

簡単な英会話ができる、

 

まではできているので、今のところは、出来ることを、確実にしていく

 

という段階でしょうか。

 

そこで、またしつこくフラッシュカードの紹介です。

 

うちでは、チャレンジイングリッシュの会話のレッスンのスクリプトを、カード化して、寝る前に復習することで、

 

聞いて分かる状態から

言える状態に

 

レベルをあげようとしています。

 

簡単に言えば、「繰り返しているうちに、覚えちゃうね!」です。

 

英語学習は、

 

「繰り返し音読する」

「それを継続する」

 

この2つで、いいですよね。

 

私もそうやって、自分の英語の基礎を中学から作り上げてきました。

良かったら、お読みください↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

それで、現在は、娘と進研ゼミチャレンジイングリッシュを使った復習を、

 

昨夜もやりましたが、

 

このような小さめサイズのフラッシュカードをつくり、

 

復習を続ける毎日です(↓)。

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

どんな教材を使おうとも、

 

それを、

いかに生かし、

飽きたら工夫し、

継続していくか、

 

が大事なんですよね~。継続は力なりけり。