元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュの「カリキュラム一覧」を分析してみました!

こんにちは。今日も、登校前、娘の髪の毛を結っている10分間くらいの間に、娘はチャレンジイングリッシュの2つのレッスンをやっていきました。

 

Level3 step6 Listening Lesson 7 と 8をやりました。

 

step 6 は、step 1~5の復習です。今日のところは、step3の「I can ....」でした。

 

ところで!チャレンジイングリッシュの「カリキュラム一覧」をLevel8まですべて出力して、一通り内容を見ました(わくわく、ふむふむ…。英語講師をしていたとき、各学年の教材選びで出版社まで出向いて教材探しをしたのを思い出すぅ~)。

 

ざっくり言うと、

 

level4までは、会話の練習が主で、音と映像で英語での会話を体験し、パターンを覚えて練習してみよう!つまり、少しずつ、英語に慣れていこうね、ということです。

 

level 5から、「文法」の学習が入ってきますね。中学1年レベルです。例えば、一番最初のstep 1では、「名詞の単数形と複数形」となっています。

 

この、複数単数というのは、」例えば、a banana(1つのバナナ)と bananas(2つ以上のバナナ)、というふうに、2つ以上だと、s がつくよ、ということを学びます。中学生のときに習いましたね!

 

この「文法」は、フレディがでてくる「会話」のレッスンとは絡んでないので、純粋に、「文法」では文法、「会話」ではキーフレーズを使った会話の練習、と別々になっているようですね。

 

level 5 ものぞいてみたいけど、うちはまだlevel 3 だから見れない。どういうレッスンか、元英語講師としては、すごく楽しみです。

 

level 5~ level7までは、中2くらいまでの内容で、level 8 からぐーんと難しくなって、受動態だの、過去完了形だの、to不定詞だの、中学3年生の内容になっているようです。

 

ん~。だから、小学生の間は、チャレンジイングリッシュのlevel 4 か、5までいってればいいかなあ、と個人的には思いますね~。

 

で、チャレンジイングリッシュだけだと、文章力はつかないので、英語絵本も並行して取り入れる...つもりです、本人がやりたいと言えばですけどね^^。こちらも参考になさってください↓。

多聴多読教材はやっぱりコレ - おうち英話

 

皆さんのお子さんの英語学習に少しでもお役に立てればうれしいです。