チャレンジイングリッシュ  徹底分析!

小学校で英語が必修化?!ベネッセのチャレンジイングリッシュで自宅学習。英検3級までの内容とは。

フォニックスの学習は、必要ないと思います

こんにちは。今日は、時間がなくて、チャレンジイングリッシュの1レッスン、しかも、フォニックス(音と綴りの法則)のチョー短いレッスンだけ学習してから登校しました。それと、単語を読む練習もしました↓

チャレンジイングリッシュで、英語の文字を読む練習を始めました! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!


今日学習したのは、

Challenge English  Level 3  Step 7  Phonics の Lesson 2 です。


ここでは、子音(x「エックス」以外)の音を区別するレッスンです。

英語の単語をきいて、同じ音で始まる単語を探します。


レッスンのペースがちょっとゆっくりで、娘は、ちょっとイライラぎみでした^^;。

 

私は英語を教え始めるまで、実は、フォニックスのことは全くといっていいほど知りませんでした。自分も習ったこともない。


中学時代に音読しまくって、英語の基礎力を蓄えたのですが、音読しているうちに、音とつづりの法則も覚えてしまったようです。


音読の大切さについては、こちらのブログを参照してください↓

声にだして、音読しないなら、どんな素晴らしいテキスト使っても無駄になってしまいます - おうち英話


「量」をこなせば、基本、フォニックスはする必要はないと思っています。


「量」をこなしていく間に、勝手に慣れちゃいますよね。フォニックスをする時間があったら、「音読」にその時間を当てたほうが、よっぽど英語力伸びると、私は思います。


もし、英語教室をこれから開くとしたら、私はフォニックスはやらないでしょう。「音読」とちょっとだけ詳しい「発音の練習」をやれば、自然に吸収していきますから。


ただ、英語のインプット量が少なかったり、音読の練習をしない場合は、フォニックスルールを知っていると助けになるかもしれません。