チャレンジイングリッシュ徹底分析!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ 14回目のオンライントーク ステップ7で受講

昨日は、小学4年の娘が、チャレンジイングリッシュの、14回目のオンライントークのレッスンを受講しました。

 

今回は、Level 3 Step 7 のオンライントークレッスンです。

 

パソコンの前で待ち、時間になると、パッと先生が画面に映り、

"Hello, how are you?"の挨拶で始まりました。

 

Step 7 のオンライントークのレッスンの内容は、

"Where is my eraser?"

”Is it in your left (right) hand?

”Yes, it is.”(No, it isn't.) のやりとりです。

 

今回は、初めて子供1人でオンライントークを受けました。不安そうな様子もなく1人でも全然平気そうでした。こうなるのに、うちの娘は1年かかりましたよ!

 

キーフレーズ

Where is my eraser? 

Is it in your right (left) hand?

Yes, it is. No, it isn't .

 

の会話で、質問と答えの両方とも2,3回ずつ先生とやりとりができていました。

 

前回より、15分のオンライントークのレッスンが充実していたと感じました。

 

もしかしたら、私が前回かいたレッスンアンケートを読んで、すこし改善してくれたのかも!と勝手に思っています。↓

チャレンジイングリッシュ ステップ5のオンラインレッスン、再び! - チャレンジイングリッシュ 徹底分析!

 

今回のオンライントークで用意したものは、消しゴム。

 

消しゴムを自分のどっちかの手の中にいれて、先生にWhere is my eraser?と聞くのですが…

 

娘が選んだ消しゴム、すんごい長いやつだったんで(!)、手の中に隠れず^^;、苦労していた様子。

 

皆さん、ステップ7のオンライントークの消しゴムは、手のひらサイズを用意してくださいね^^~。

 

あっという間に15分のレッスンが終わり、また同じ先生で今すぐオンライントークの予約をとりたい!というので、

 

「いやいや。次回はステップ8でオンラインレッスンやろうね、そのためには、ステップ7のステップアップテストを受けないとね!」と言ったら納得?していました。

 

ベネッセのチャレンジイングリッシュには、毎月、オンライントークレッスンが月に1回が基本ですが、

 

もっとやりたい人のために、レッスン回数券も購入できるので、週に1回くらいのペースでオンライントーク増やしてもいいかなあ、と最近思い始めました^^。