チャレンジイングリッシュ徹底分析!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ7のタイピングのレッスン

久しぶりの更新ですが、チャレンジイングリッシュ、続いており、そろそろレベル3のステップ7が終わります。

 

最近、髪の毛を結う時間が少なくなりました。というのは、三つ編みをやめたのですぅ!

それと、ビーゴイングリッシュもやりたいというので、チャレンジイングリッシュは毎日1つだけ。(やりたいときは、2つやるようです。)

 

昨日は、「ワカのタイピング道場」をやりました。

 

Level 3 Step 7 Writing  Lesson 1 Waka's typing studio

 

文字を入力する練習です。画面のカーソルで入力もできますが、娘はブラインドタッチが大好きなので、キーボードで入力しています。

 

どの程度の文章かというと、

I'm seven years old.とか、簡単な単文です。

 

去年、小学3年生のとき、学校でローマ字を習うと同時にブラインドタッチを習いました。時代が違うな~。私は、ブラインドタッチを練習したのは大学のとき。しかも、ワープロ^^;。

 

娘には、英語を書く練習をしてこなかったので、紙に書くより、パソコン入力のほうが先になりました。ほんとに、時代が違うな~。

 

書く練習をしてこなかったのには、理由があります。

 

 

①アルファベットを書く時間があったら、遊ばせたい

②書く練習をしなくても、見るだけで英語はわかるようになる

③アルファベットなんて、小学高学年にでもなれば、すぐかけるようになる。こどもが小さいときに、わざわざ時間をかけて書く練習することに意味はない

 

です。英語講師をしていたとき、スクールのカリキュラムには、書く練習が入っていたのですが、毎回、その時間、もったいなーい!と思ってやっていました。

 

例えば、英語の多読をさせて、英語でストーリーが言える様になり、読めるようになったら、書く練習をさせる予定です。

 

ちなみに、多読テキストは、今はこれを使っていまーす↓。あんまり進んでいないけど^^;。

多聴多読教材はやっぱりコレ - おうち英話