チャレンジイングリッシュ徹底分析!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ7 タイピングレッスン

チャレンジイングリッシュのレベル3のステップ7もあと残り2レッスン。

今回は、こちらです。

Level 3 Step 7 Writing  Lesson 2 Waka's typing studio

「ワカのタイピング道場」でタイピングで英語の書く練習です。

 

娘の髪の毛を結っている間が、チャレンジイングリッシュの学習タイムなのですが、

 

今日は、娘の長すぎる髪、先の方がこんがらがっていることに気づき、娘がチャレンジイングリッシュをしている間、私、しばらくブラッシングに集中しておりました。

 

と、パソコンから、なにやら、「ピュン!ピュンピュン!ピュンピュンピュン!」という音がします。タイピングの練習の音にしては変だなあと、画面を見ると…

 

娘が「苦戦(?)」している音だったのです。数打ちゃ当たる状態で、めちゃくちゃ連打していました。しかも無表情で…。

 

今までは、I'm nine years old.をタイプする場合、うす~いグレーの文字がでていたので、それに従って打てばよかったのですが、

 

途中から、そのヒントがでない出題形式になり、どうも自力で文すべてを打ち込まなくてはいけないやり方に変わり、

 

スペルが分らない娘は、テキトウに入力し始め、間違うと「ぴゅん!」という面白い音が出ると気づき、それにハマってしまって、

 

「ぴゅん!ぴゅぴゅん!ぴゅぴゅぴゅぴゅん!」と、打ちまくっていた模様…。

 

ですので、私がそれに気づいた後は、スペルを言ってあげて、無事終了。

 

ただし、一箇所、一瞬私も「あれ?」と思ってしまった箇所がありました。それは、

 

「,」、つまり、カンマのあとにも、スペースを1ついれる、というところです。中学で英語を習い始めると、「カンマのあとも、少しあけようね。」と指導されると思います。

 

例えば、「私も」の「Me, too.」を、書いたりタイプしたりする場合、「,」の後に、スペースを入れます。

 

「ワカのタイピング道場」でも、「,」を入れないと、前に進めなくなってしまうと思いましたが、娘によると、しばらくすると、あの、うす~いグレーの文字ヒントがでてくるらしいので、そのまま進めるということでした!