チャレンジイングリッシュ徹底分析!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ8 ボキャブラリーレッスン

今朝も、登校前に、チャレンジイングリッシュで1レッスン学習していきました。

昨日から、やはり髪の毛はまとめたほうがいいということで、三つ編みにもどりました^^。

 

本日のレッスンは、

Challenge English Level3 Step 8 Vocabulary Lesson 2

 

単語のレッスンのときでも、とくにリピート練習の形式にはなっていないのですが、聞くだけではなくて、音を聴いたら、即まねをしていってみることをおすすめします。ちゃんと発音してねー、と言ってもなかなかやらないのですが、私が発音すると、娘もそれにつられて、練習します。聞いてるだけじゃ、もったいない!

 

今回は形容詞の単語の学習ですね。dark, far, deep, bitter, sweetという単語です。

 

音をよーく聞かないと、聞き取りづらい音がありました。

 

例えば、deep の最初の「d」の音は、「b」にも聞こえます。

 

最後の「p」という音は、「t 」にも聞こえるし、「k」にも聞こえるし、分りづらいので、お子さんは迷ってしまうかもしれません。

 

英語の文字に慣れてるお子さんであれば、スペルをたよりに正しい音を発音できると思いますが、スペルがなく、日本語訳しかありません。

 

パソコンから聞こえる音はあまりクリアではありません。

 

せっかくの学習がムダになるともったいない!

 

是非、お子さんと一緒に学習することをお勧めします。

 

さらに、今回のレッスンの取り組み連絡メールには、

 

「きく(形容詞)」とだけ書かれているので、一緒にやらないと、お子さんがどんな単語を学習したかは、さっぱりわかりませんね…。

 

チャレンジイングリッシュの編集部には、その旨(取り組み連絡メールには、学習した英語そのものが書かれていないので、保護者は何を子どもが勉強したのか、知ることができないので、分るような連絡メールにして欲しい)伝えましたので、改良されればよいと思います!(そういうご要望を受けたのは初めてです!と言われてしまいましたが…)

 

受講人数が多い教材なので、日本人のこれからの英語力向上のため、がんばって欲しいと思っています!