チャレンジイングリッシュ徹底分析!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル3 会話 味覚編

今朝も、チャレンジイングリッシュで1レッスンだけ英語のスピーキングの練習をしてから登校しました。ふと数えてみたら、チャレンジを始めてから1年と5ヶ月目です。

 

本日のレッスンは、

Challenge English Level3 Step 9 Speaking Conversation Lesson 8 です。

 

さて、今日のキーフレーズは、昨日のストーリーからして、

This is と That is であろうと予想したわけですが、そっちじゃなくて、

 

It's sweet. など、味覚の表現でした~。ほとんどが外来語なので、簡単でした~。

 

この文の練習量は少なかったけど、昨日と同じストーリーが、音と映像で本日も見たので、より英語の音と意味が頭にインプットされたと思います。

 

しかぁし! しつこいけれど、英語は繰り返し練習が命。

 

さっそくフラッシュカードを作って、隙間時間の1,2分で復習の機会をねらいます。

(詳しくはこちらをご参考ください↓)

チャレンジイングリッシュで英語の音読練習 - チャレンジイングリッシュ徹底分析!

 

ところで、今日また新たな発見がありました。いつもはパソコンでチャレンジイングリッシュをやっているのですが、今朝は、久々に、チャレンジパッドで受講しました。

 

そしたら、チャレンジパッドだと、スピーキングの会話の文字と日本語がでてくるんです!今まで気づかなかった~。

 

娘が見つけたのですが、これがあったほうが、安心するみたいでした。でも、明日からどっちを娘が使うかは、自分で決めさせようっと。

 

パソコンだと、マイクを使わなければならず、それだと、英語をしゃべらなくても、マイクのガチャガチャした雑音で、おもいっきり「OK」がでてしまう。

 

けれど、チャレンジパッドの場合は、パッドに向かって喋るだけでいいみたい。

 

今朝は、たまたまチャレンジパッドをかなり離して置いておいたので、遠くにあるチャレンジパッドにむかって、「It's SWEET~~!!」って、すごいデカイ声で練習してました^^;。

 

普段、ちょっと声が小さめなので、母としては、この調子で、デカ声で練習してほしいかな~。

 

スピーキングの会話のレッスンで残っているのは、あとレッスン9のみ。

 

それをやったら、オンライントークでやる英語の会話はバッチリ。(もちろん復習させてから受講します。子どもが、すぐ答えられずに、えーっと、うーんと、で時間を無駄にしないために。)

 

でも、今回のオンライントークのキーフレーズは、

 

This is That is でしょぉ~、It's …でしょぉ~、Is it ...?でしょぉ~?

三つもあるなあ。出来るかなあ。

 

ところで、オンライントークのレッスン内容は、おうちのかたウェブのオンライントークの下のほうにある、「レッスン内容一覧」で見ることができますよ!

 

では、よい一日を!