元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ9 リスニングレッスン3

今朝も、チャレンジイングリッシュで、1つレッスンをしてから登校しました。

娘の髪の毛を結っている間にチャレンジをしてもらうと、頭はまっすぐになっているし、動かないので、一石二鳥!

 

今日は髪の毛がかなりこんがらがっていて、時間がかかったため、娘は同じレッスンを2回するハメになりました。

 

本日のレッスンは、

Challenge English Level3 Step9 Listening Lesson 3 です。

 

四問しかないので、2分くらい?で終わりました。whiteやoldといった、形容詞を聞き取ることが出来れば解ける問題でした。

 

今回、ちゃんと聞き取れてすごいなーと思った点は、white っていう単語です。単語練習のときは、大げさに、ゆっくり練習しますが、リスニングのときは、white を大げさにゆっくりは言っておらず、ナチュラルスピードで発音されていたと思いますが、それを難なく聞き取っていました。

 

white を早く言うと、「ほわぃ」(無理矢理カタカナで書くと)という、泡のように、ぷはっと消えてなくなりそうな音になります。

 

子どもから英語の音に慣れていると、そういう音の変化にも、臨機応変に対応できるんだろうなーと、思います。

 

で、いつものフラッシュカードを、たまには食後にやってみようかとやらせてみたら、発音が変!(フラッシュカードについてはこちらをご覧ください↓)

チャレンジイングリッシュで効果抜群の音読練習とは!? - チャレンジイングリッシュ徹底分析!

 

どうしたんだろうと思ったら、昨夜、歯を二本抜いたんでしたっけ。ベロがあたると歯茎が痛いらしい…。フラッシュカードを使った会話の練習は、しばらくお休みしましょう。チャレンジイングリッシュも、聞くだけのレッスンを選んですすめる予定です。