元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用しよう。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ10 道案内を英語で練習

今朝も、我が子は、チャレンジイングリッシュで朝学習してから登校しました。

いつもは、1レッスンしかやらないのですが、今朝は、3レッスン。理由は簡単。今日の夕方、オンライントークがあるからです! なのに、オンライントークの範囲が終わってないよぉ。

 

今日のレッスンは、

Challenge English Level3 Step 10 Speaking Lesson 7,8 & 9 です。

 

前回までは、I'd like .... で、・・・が欲しいです、という表現でした。

 

普通、1ステップに1キーフレーズのようなので、今回のレッスンも同じようなものかと思っていましたが、

 

全然違う「道案内」でした。でも、突然の感じがでないように、「お店に行く」ことに関連付けられていて、ストーリーは自然でした。

 

道をぶらぶら歩いているフレディに、女の子が話しかけてきて、フレディが道案内をしてくれました。

 

Go straight. Turn right. Turn left. を使いました。3レッスン、あっという間に終わりました。

 

さて...、英会話教室でも、定番の道案内...。でも、本当に使う機会ってあるのかなーといつも思います。

 

唐突ですが、外国人の利用客が多い、品川駅。うちの旦那が、なんであそこに沢山いつも外人多いんだろう、と疑問に思っています。

 

初めて来たであろう、外国人で、道が分らず、品川駅構内でうろうろしている人が多いそうです。そこでボランティアで道案内の通訳とか、やってみたらー?英語を使わないとどんどん忘れていくでしょ?練習にどう?それに、将来の収入とつながるかもよ!

 

と旦那に進められましたが、人一倍方向音痴で出不精の私が道案内するのは、キケンそしてメイワク極まりないと思うので、やらないと思います^^;。

 

品川駅みたいに、道に迷っている外国人がうじゃうじゃいるような場所じゃないところに住んでいたら、道案内英語って、一生使わないんじゃないかしら...と、旅行もしない、海外旅行も興味ない出不精な英会話講師だった私はいつも思っていました。

 

通訳の方たちは、東京オリンピックで仕事が沢山くる!と喜んでいらっしゃるそうです。外国人も沢山くるでしょうね。でも英語の通訳は需要より供給が上回るでしょう。英語が堪能な人は沢山いますからね!

 

足りないのは、「オリンピック選手が1人しか参加しない国の、しかも奥地で使われている言語」のレア通訳者でしょう。でも、そういう選手も、オリンピックを意識してたら、英語は勉強してるかもしれないですね。

 

ご興味あれば、こちらも是非お読みください^0^↓。AIロボット利用した英語学習です。

公立校で、日本初!英語の授業にAIロボットMusio導入。さすが埼玉県戸田市!羨ましい! - 元英語講師の「おうち英話」のススメ