元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ10 単語のレッスン

今朝も、チャレンジイングリッシュのレッスンを1つやってから登校しました。

本日のレッスンは

Challenge English Level3 Step 10 Vocabulary Lesson 3 です。

 

ところで、昨日は関東大雪でしたね!昨日夕方5時から、オンライントークの予約を入れていましたが、雪遊びの魅力に負け、オンライントークは一度キャンセルし、子供は雪遊びにでかけてしまいましたぁ^^;。

 

G先生のレッスン枠が増えたので、こういうときは助かります!すぐに水曜日の同じ時間にレッスンをいれました。

 

今朝のレッスンでは、5つの「自然」に関する英単語でしたが、

 

その中の1つだけ、私も子どもも、絵の意味も分らず、音を聞いてもワカラナーイ!というのがありましたよ!

 

海と陸と山が描いてある絵で、赤で境界線が引かれてあります。そして、「れーっどぅ」というような音がでてきます。え?境界線のこと?でも、聞いたことないし。

 

 

「れーっどぅ」っていう音からスペルを想像して調べてみよう!led かなあ?でも、それは、lead の過去形だし...。

 

そして、キーンコーンカーンコーン!分ったぁ!

 

「ランド」ね...。

 

なーんだ。「れーっどぅ」って、「ランド」の英語の発音なのね。

 

そして、しつこくまたチャレンジバッドで、その単語、聞いてみた。

 

なるほど、「land」って言ってる。

 

絵は、「陸」ってことね。赤い境界線の右側が、「海」じゃなくて、「陸」だよってことで、そういう絵を描いたのですね~。

 

カタカナ英語で「陸」は「ランド」で、深~く深く根付いているので、単語だけで聞いたら、分らなかった^0^;。

 

子どもは、あたふたしている私をよそに、チャレンジパッドで、意味などお構いなしに、聞いたとおりに、land を発音し、問題に答え、終了しました。

 

ということで、今日は、「レベル3の単語が聞き取れなくてショックだった」の巻きでした。

ちなみに、英語は単語量もすごく大事!是非こちらも合わせてお読みください^^↓

小学生の時から、英単語を増やそう!自分だけのオリジナル英語(絵)辞典を作ると楽しいよ。 - 元英語講師の「おうち英話」のススメ