元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用しよう。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ11 英語で、「~に行く」の表現

今週は、登校前に小学生の我が子が、チャレンジイングリッシュで、3レッスン朝学習して行きました。(時間にすると、たった15分だけど^^;...)

 

今週のレッスン箇所は

Challenge English Level 3 Step 11 Speaking Lesson 1,2 &3 です。

 

I'm going to ...で、どこどこに行くところです。という表現がキーフレーズでした。

 

I'm going to the zoo. とか、...のところに場所を入れ替えて練習します。ですので、場所の単語も学習します。

 

で、これを使って、ウエンドル君と会話ごっこをするレッスン3は、すごく面白かった! よく考えたな~、このストーリーと思いました!!

 

でも、ちょっと小学生の子どもには、このレッスンの主旨は理解できず、???の連続だったので、母解説しながらやりました。ここは、分りづらいから、親も一緒に学習するつもりでやってもいいかもしれません。

 

ところで、

 

さっそくステップ11のオンラインレッスンの予約をしよう!と思って、

 

ステップ11のオンライントークの内容を見たら、

 

あれ~?

 

Go straight. Turn right. Turn left.だったのですよ! 

 

それってステップ10の内容です。

 

ステップ11のキーフレーズをつかったオンラインレッスンは、どこでするのだろう?? 疑問が残ります。

 

たま~に、こういうことがあるので、

 

オンライントークを予約するときは、必ず、レッスン内容を確認してから予約するといいですよ!こんなこともありました。↓

チャレンジイングリッシュ レベル3ステップ5のオンライントーク予約、ここに注意! - 元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

 

まあ、でもオンライントークは、インセンティブ、または楽しいおまけという位置づけで私はやっているので、

 

オンライントークでつまづかないように、事前にちょっとだけ練習すればいいこと。

 

ところで!

 

2018年4月からチャレンジイングリッシュにさらに期待してくれ!というメールが来ましたねぇ。しかし、色々書いてあって、進化していそうですが、実際に使ってみないと...、分らない...。

 

 

とにかく、一番改善して欲しいのは、ソフトののろさ...。飛行船がいつまでもグルグルグルグル回るのを、どうにかしていただきたいーー!あと、反応ののろさ...。スカスカ進んだら、子どもももっとやりたがると思うのは私だけ??

 

今は、もっぱらスピーキングとリスニングにしぼってやっています。フォニックスとか、もう簡単すぎて、逆にストレスのようですので...。

 

フレディ君がでてくるスピーキングの会話のストーリーは、小学生の我が子には、とても面白いらしい。

 

それでも、月2000円で、その2つをしっかりやれば、力は少しつくだろうから、塵も積もれば山となる、で続けています。

 

あとは、今までやっていた、多読単語覚えもやりたいけれど、まあ、春休みにでも、再開しましょうかねぇ...。