元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

小学生、チャレンジイングリッシュで自宅で英語朝学習 発音練習  アクセントは大事 音読は大事

おはようございます。

今朝は、DJ. Splash の発音練習のレッスンでした。

 

Challenge English Level 3 Step 11 Speaking Pronounciation Lesson 2

 

今回は、発音というより、アクセントの練習。

 

文章のどこを強く読むか、を練習するレッスンです。

 

が、アクセントの練習とは全然気づかなかった!

 

最初に「たんごのアクセントにちゅういして言おう」と、とぉっても小さい字で指示が書いてあったのに気づいたのは、今。この記事を書くためにもう一回見てるとき。

 

私は新しい家電製品は、説明書みないで勧めるタイプですんで、今回も全然見てなかったよー。

 

レッスン2の今回は、文章のなかで、どこを強く言うか。例えば、

 

She's thirteen years old.

 

という文だったら、thirteen の teen の部分です。

 

あれー、でも子どもは棒読みだったなあ^^;。パパが居たからかも。ちょっと恥ずかしくなる時期ですからねぇ^^。

 

そうなんです。英語は発声練習みたいに、とにかく声に出して読む練習をしないといけないのですが、(音読について、詳しくはコチラを是非!みてくださいね↓)

bluedaisyday.hatenablog.com

 

小学校高学年くらいから、「人前で英語でしゃべるの、ちょっと照れる」時期に入ってしまうお子さんもいらっしゃるから、

 

小学校中学年くらいまでは、お口を沢山動かして、英語の筋肉つけておくの、大事と思います。

 

日本は、英語しゃべれなくても全然平気(オリンピックの影響でインバウンドの需要は商業施設ではあるかもですがね、普通に暮らしてたら必要ないですしね。)なので、

 

お家の中に、人工的に英語環境つくるしかないんですよね。

 

あの手この手で、工夫しながら、楽しくやっていきましょ!こちらのブログも参考になさってください↓

絵本紹介:Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?のCDここがいい! - 元英語講師の「おうち英話」のススメ