元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

チャレンジイングリッシュの 効果的な使い方、 良いところ悪いところ全て書きます。 チャレンジイングリッシュを使って英語力をつけたい子達のために。

チャレンジイングリッシュで1年半以上英語学習した。英検5級のリスニングをさせてみた。

英検受験は、考えていないけれど、測定する意味で、試しに一番簡単な英検5級のリスニングの過去問で、リスニング力を測ってみました。

 

 

使用したのは、旺文社の本です↓。本とCDで2000円くらいです。

 

 f:id:bluedaisyday:20180309094056j:plain

 

 こちらでご購入いただけます(↓)

2017年度版 英検5級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)

2017年度版 英検5級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)

 

 

英語の会話などをきいて、絵をみて答えるという形式の、第一部と第三部の20問だけ、解かせてみました。

 

第二部は、英語を読めないと解けない問題なので、今回はやりませんでした。

 

読む力は、最近伸びてきましたが、まだまだ。第二部はもう少し力がついてからにします。

 

 

結果は、

 

第一部 10問中、10問正解で、満点。

第三部 10問中、10問生計で、満点。

 

全問正解。しかも、瞬間的に答えが分りました。問題の「絵」も見ずに、面倒くさそうに^^;、答えてくれました。

 

チャレンジイングリッシュ(現在レベル3)より、英検5級のリスニングテストのほうが、英語がびっくりするくらいゆっくりで、簡単です。久しぶりに聞きましたが…。

 

答えが分りやすすぎ!単語が分れば解ける問題ばかり。

 

各問題の回答時間は10秒以内なんですが、英検試験のときのように、全部聞かせてると、

 

待ち時間が長すぎて、きっとイライラしてくるだろうと思い、ひとつ答えが分ったら、10秒待たず、すぐに次の問題にうつりました。

 

ということで、聞く力は、初心者なりに、スキマ時間のちょこっと学習なりに、まあまあ伸びてるといったところでしょうか。

 

5級のリスニングの第二部は、色んな疑問文と、文字に慣れれば解けるでしょう。

 

ちなみに、後日、英検4級の問題もやらせてみました。詳しくは、こちらをお読みください!

challeday.hatenadiary.jp

 

しばらく使っていると、いろいろと使いづらさがでてきます。

こちら(↓)では、それらを赤裸々に語っておりますので、最後まで読んでいただいて、少しでもお子様の英語学習が楽しくなればいいなと思います。

challeday.hatenadiary.jp

 

ちなみに、来年度、2019年からは、ベネッセの小学講座(↓)を受講すると、

 

 

チャレンジイングリッシュのデジタルレッスンも一緒についてきます。

 

つまり、現在は、お金を払って受講しているチャレンジイングリッシュが、来年度2019年度から、ただになります!

 

我が家は2016年から今までずっと2,040円毎月払っていましたけどぉ…?

 

来年から始める人は、それがただ!いいですね~。(マンツーマントークというオンラインレッスンは別料金ですが。)

 

ところで、

 

我が子の場合、

 

チャレンジイングリッシュによるスキマ時間学習以外に、

 

①小さい頃から英語の歌を歌ったり、ベネッセの英語のDVDを見ていたりした。

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

②英語の絵本を、たまに読んでいた(↓)

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

という英語活動をしていました。

 

チャレンジイングリッシュを小学3年生で始めるまで、

 

体系的な学習は一切せず

 

時間のあるときに、絵本を読んだり、CDを聞いたり(私が気に入ってる英語の歌のCD)楽しめることだけやって、英語を聞き取る力だけは、つけておこうと思っていました。

 

ですので、リスニング力は、チャレンジイングリッシュ以外に、何もやってない場合よりは、ついてきたのかなとも思います。

 

ちなみに、自宅で、今まで英語楽習に使用した教材を紹介します。

 

Wee sing Children's Songs and Fingerplays

 

bluedaisyday.hatenablog.com

幼稚園に入る前から聞いていたと記憶しています。

使い方としては、

BGMとして、CDかけ流し

手遊び歌、などです。

 

★英語たいそう

幼稚園時代は、このCD(↓)も聞いていました。

bluedaisyday.hatenablog.com

会話を歌に落とし込んだものです。音楽がいいです!

これを使用している小学校もあります。

 

使い方としては、

CDをきいて、口ずさんでみる、

書け流しておく、

一緒に歌いながら、踊ってみる

など、使い方色々です。

 

 

★オックスフォード・リーディング・ツリー 

こちらは、年長さんくらいのときから、リーディングの練習として使っていました。

bluedaisyday.hatenablog.com

イラストとストーリー両方とも、かなり子どもをひきつけます。音読の練習も、これでやりました。

 

★英語のうたのCD

bluedaisyday.hatenablog.com

 クリスマスの時期は、これ一枚で毎年十分! 子どもは、気に入った曲の、気に入った部分だけ、歌ったりしていました。

 

というように、

 

英語を学ぶというよりは、

歌、音楽、遊びと結びつけて、遊んでいた程度です。