元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用しよう。

チャレンジイングリッシュ レベル3 ステップ12 英単語、1レッスンに33個復習。

チャレンジイングリッシュで、今朝も朝学習。今日から春休みに向けて、授業時間数が減るので、子どもはルンルン気分。しかも、6時半の時点で朝ごはんも終わっていてさらに「登校前に遊べる」からルンルン二倍。そして、バターたっぶりパンをぼおばって幸せ一杯。

 

今日のレッスン箇所は、

Challenge English Level 3 Step 12 Vocabulary Lesson 1 です。

 

さて、画面には、英単語の絵が、ずらっと並び、全部で33個。学習済みのものらしく、9割子どもは分っている様子。

 

しかし、ポチポチ押すところが多いと、色々やりたくなるのがこ・ど・も。

 

1画面にでてる、10個の単語の絵を、ポチポチポチポチ、やたらランダムにあちこちクリックし始めた^0^;!!。(何やらかしてるんだろう...)

 

だから、音を文字化すると、こんな感じ。パパ、、パーク、グ、グググラウンドゥ、ゥオ、ゥオゥオゥオ、ゥオッチ、チチチ...

 

こ、これが、楽しいのね?小学生さんは...。(しかし、母、辞めさせずに観察。)

 

ぴたっ!(お、子どもがストップ)

 

しーん。(ん?子ども飽きたか?)

 

なんと、ポチポチ連打遊びの前より、上手にリピートしはじめたではないですか。

 

不思議だけれど、ポチポチ遊んでいたようですが、しっかり単語の発音を聞いていたらしい。子どもって、不思議。

 

時々思いますが、子どもの学習の仕方って、奥が深いと思います。その能力を、どこまで伸ばせるかと言うことに、とても私は、興味があります。頭の固い大人がそれをつぶしてしまわないように、一応気をつけています^0^;。それには、まず観察ですかねぇ。

 

さて、チャレンジイングリッシュの単語の問題です。聞こえた単語がどれかを当てる、3択問題。

 

ががーん。問題数がとたんに増えた!いつもの5,6倍?レベル3の最後だもね~。

 

途中で飽きて、「モーやめたーい!」と子ども。

 

「飽きたかもしんないけどさ、自力でどこまで出来るかやってごらん。」と母に言われて続行。

 

そして、最後までできました。満点!がんばりました。問題数多く、今日はめずらしく10分くらいかかりました。

 

たまーにやってる単語レッスンの効果もあるのかしら。詳しくはコチラです(↓)

challeday.hatenadiary.jp

朝からがんばったね。

小学4年生もあと、5日。いってらっしゃ~い。