元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用しよう。

小学5年、チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ1 英語を読んで推測してみる

今朝も、チャレンジイングリッシュで朝学習。1レッスンだけやりました!

 

今日のレッスン箇所は

Challenge English Level 4 Step 1 Reading Lesson 3 です。

 

小学4年のうちは、この読むレッスンが嫌いだったのですが、ちょっと読めるようになったと自分で気づいたとたん、読むの大好き!に変わり、ほっとしています…。チリ積で学習してきた甲斐があったというもの。

 

今回は、2つか3つの英文を読んで、なんの生き物かあてるゲーム形式で、5問ありました。

 

一番難しかったのは、この問題(↓)。

 

I live in the sea, but I'm not a fish.

I'm very big.

 

という文を見て、4つの絵の中から選びます。答えは「くじら」です。

 

子どもは、私が音読してあげたら英文の内容は分ったけれど、

 

音なしで、この英語の文字だけだと、ちょっとまだ難しかった…。

 

それ以前に、くじらが魚じゃないってことを知らなかったよー^^;!

 

でも、見かけ的に、完全に魚だよね、くじらさん。

 

もう一問!

 

I have four legs. I can't run fast, but I can swim.

 

これは、four 以外は全部読めました~。(ほっ。)

 

英語の数字って、あまり規則性のない綴りなので、分りづらいと思います。

 

one, two, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten, eleven, twelve をランダムに並べて、

 

1から12まで、並べることは出来ますが、

 

例えば、数字の英語であることは言わずに、eight だけを見せても、分らないと思います。

 

それじゃあ、音と綴りの法則の勉強であるフォニックスをしたらいいかというと、そうでもないと思います。(日本じゃあ、人気のある学習法ですけどね!)

 

小学生にフォニックス教えてましたが、たっぷり英語を聞いたり話したりっていうことを、まずは優先してやってからじゃないと、効果は薄いし、遠回りじゃないかと、経験上思いますね。

 

ですので、今は、eight という全体の形で、覚えるのが良いと思い、

 

子どもには、時々数字の英語も一緒に読んでみて、単語の形を見せています。