元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュレベル4始めたばかりだけど、英検4級リスニングは余裕でした。

なぜ突然、英検4級のリスニングをしたかというのはですね、

 

一昨日、チャレンジイングリッシュのレベル4のステップ1のステップアップテストをしたら、

 

何度やっても最後にフリーズして先に進めないので、ベネッセに電話して、回答に3日かかるということで、

 

今日もできませーん。

 

なので、昨日英検4級の過去問のリスニングを聞かせて、どのくらい力がついたか測定してみました。

 

文字はあまり読む練習していないので、第一部の「絵をみて、2人の会話をきき、最後にくる台詞はどれかを、耳で聞いて、選ぶという形式」のものだけ、聞かせてみました。その会話と3つの選択肢は、2回繰り返されます。

 

まず、最初に例題。テキストすら見る気なしなので、音だけ聞かせました。

 

するとこどもは、1回目で、答えの台詞の直後に「これだよね。」と即答。冷めた様子。もしかして、簡単?

 

さて、第一問目!

1回目で「これ。」と正解の答えのところで即答。

 

ずーっとこの調子で7問目。「もー疲れた。もういいでしょ!」。疲れて飽きた様子。

 

なんだかんだで、英語学習してない日も多々ありますが、地道にやってきて、チャレンジイングリッシュのレベル4だと、英検4級は楽勝(文字はまだまだ)ということが分りました。

 

それにしても、やっぱり英検4級も、リスニングの英語は、スピードダウンしたかのようにゆっくりな読み方…。

 

日本語にすると、

 

「ぅ分ったぁーー。じゃあー、りんごとぉ、バナナとぉ、

 

どぉっちに するぅううう?」

 

と、耳の遠い人にはっきりしゃべっている感じとでもいいましょうか。

 

しかも、録音してる人は、話すトレーニングを積んだプロ!聞き取りやすいに決まっています。しかぁし、現実では、そんな滑舌のよい人なんてそんなにいないでしょ!

 

ですので、あくまで英検5級、4級は、「基礎が分ってますか?」ということをしりたいときに、過去問をやってみて確認してみる、

 

程度に活用するとよいと思います。

 

受験しても受かっても、あまり意味はないかと思いますので、せっかくの日曜日はファミリータイムに残しておきましょう!

 

今日の午後四時以降にベネッセから「フリーズ」の件で電話が来るはず。早くこないかなあ。