元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ レベル4 ステップ2にようやく入りました。

久しぶりの更新…。

 

チャレンジバッドの不具合に続き、お稽古事の発表会、それに続く親子で胃腸炎…。流行っていたとは知りませんでした。予約していたオンライントークもキャンセル。

 

やっと回復しました。GW後半に間に合いました。健康はありがたいですね。

 

さて、本日は、

Challenge English Level 4 Step 2 Speaking Conversation Lesson 1 です。

 

Where is ...? が、キーフレーズのようです。

 

場所をきいて、道順を教える、というやりとり。

 

go straight、とか、 turn leftなどの答え方は、レベル3のステップ10、11でやりました。この道順を教えるときのフレーズは、小学生は好きなようで、すぐに覚えます。道順を教えてあげるのも大好きです。

 

しかし、うちの子が、一番反応していたのは…

 

フレディが、地図の中のお花屋さんを指差すときの、「モフモフした」フレディの手!

 

「チョーかわいい~!!」とそこに注目~!(してるあなたも「かわいい~」)なんて

 

言ってられるのも、今のうちですね。

 

もう小学5年ですので、長すぎる髪の毛も自分で管理。わたしは、子どもがチャレンジイングリッシュをやっているのを、横からチラチラ見る程度になりました。

 

フラッシュカード(↓)も、中学年まではそれでよかったのですが、

challeday.hatenadiary.jp

 

高学年になったら、A4の紙にタイプしたもので、十分なようです。

 

レベルアップしたといっても、ステップ2と、ステップ3は、まだまだ復習程度。本当にレベル4らしくなってくるのは、ステップ4あたりから。

 

今、レベル1からレベル8までのカリキュラム表を見ながら書いていますが、

 

過去形がまだでてこない…。カリキュラムを見ると、なんと、遥か遠く、レベル8ではないか!

 

日常生活で沢山使う、英語の「動詞の過去形」。しかし、多くのテキストでは、過去形はなぜか、なかなか出てこない。

 

学習量も、ステップ6までは、復習しながらゆっくり進み、ステップ7から、どーんと量が増えますな…^^;。それだったら、もうちょっとステップ5とか6から、内容を増やしてくれれば良かったのに、とも思います。

 

5年のうちに、レベル4,5,6を終わらせて、6年で、レベル7,8をやるくらいのペースでもよいかなと、最近思うのでした。