元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

チャレンジイングリッシュの 効果的な使い方、 良いところ悪いところ全て書きます。 チャレンジイングリッシュを使って英語力をつけたい子達のために。

小学生、チャレンジイングリッシュで英語学習が今年夏で丸2年。使う際の注意点をまとめてみました。

2年近く、チャレンジイングリッシュを使ってみて、ここに注意したら、より受けやすいと思うことを書きました。これから始めようかなという方の参考に少しでもなればと思います。

 

①チャレンジイングリッシュは、チャレンジパッドではなく、パソコンやipadなどでやりましょう。

 

チャレンジパッドでステップアップテストを受けたり、オンライントークを受けたりすると、なんだかんだ、不具合がでます。その不具合は殆んどの場合、問い合わせても解決できませんでした。

 

②始めるときのレベルは、判定より、少し上の方が、個人的には良いと思います

 

理由です。

 

レベル6までは、英検5級、4級程度にとどまっています。

ですから、レベル3から始めると、レベル3,4,5,6ずっと復習程度。

(なのにリーディングのレッスンは、難易度が上がっていきます。)

 

レベル7とレベル8に、英検3級(中学3年生)の内容をギューギューに詰め込んでいます。

 

文法用語だと、レベル7と8で

 

must, have to ,などの助動詞

過去進行形

時をあらわす接続詞

比較級と最上級

不定

動名詞

受動態

現在完了形

 

おい!今まで、like, want, Do you like, I like などの本当に初歩的会話ばっかりやっておきながら、

 

レベル7と8に、こんなに内容詰まってんじゃん!!が、ホンネでございます^^;。

 

ですから、時間をかけるのであれば、レベル7とレベル8にじっくり時間をかけた方が良いと思います。

 

レベル3とか4をやっていて、簡単すぎると思ったら、レベル5くらいに変更してもよいと思います。

 

その方法を、電話でベネッセに教えてもらいました(↓)

 

③途中で、レベル変更ができます。

 

②と関連しますが、

 

フリーダイヤルに電話して、変更してもらうと、3営業日後から、変更したレベルで学習を始めることができるそうです。

 

ただし!抜かしてしまったレベルの努力賞ポイントは、もらえなくなります。

 

例えば、レベル4を飛び越えて、レベル6に行くとすると、レベル5の24ポイント分がもらえなくなります。

 

詳しく説明しますと、

 

1つのレベルに12ステップテストがあり、各ステップテストごとに、2ポイント、努力賞ポイントがもらえます。

 

上記の例の場合、

 

レベル5のステップテスト12回×2ポイント=24ポイントが、

 

もらえなくなるということです。ですから、努力賞ポイントをすごく楽しみにしているお子さんだと、途中でレベルを上に変更は難しいという意味でも、

 

最初のレベル設定は、大切です。

少し上のレベルがオススメです。

 

ちなみに、わが子の場合は、「努力賞ポイント」が少なくなることに対し激しく抵抗!! ということで、小5ですが、現在レベル5をチンタラ進んでいます…^^;。

 

努力賞ポイントが足かせになるとはぁ!

 

④親に送られるメールをみても、どんな英語を学習したかは、書いてないので、分りません。

 

「読む」レッスンをしました、という簡単なお知らせだけです。

 

中身を知りたいときは、おうちの方ウェブからはいり、カリキュラム一覧を見ると、少しは内容を知ることが出来ます。各レベルの各カリキュラム内容が、一部かいてあります。

私は、このカリキュラム一覧を見ながら、記事を書いています。

 

⑤ソフトの動きがゆっくり

 

他の通信教育を試したことがないので比較ができないのですが、

 

例えば、正解しても、次の問題に移るまで数秒かかったり

ソフトが動き出すまで十数秒かかったりします。

 

ストレスに感じるお子さんもいらっしゃると思うので、対策が必要です。

 

ウチの場合は、待っている間、手芸をしながらチャレンジイングリッシュをすることもあります。

 

あとは、ソフトが立ち上がっている間、他の事をしています。(ハムスターの餌やり~とかですね。)

 

⑥マンネリ化

 

どんなことにも言える事だと思いますが、チャレンジイングリッシュに慣れてくると最初は楽しいですが、

 

慣れすぎると、飽きて新鮮さが薄らいでいきます。

 

そんなときは、ペースを上げてみるのも良いかと思います。

 

1年かけて1つのレベルを終わらせるというペースではなく、1年で2つか3つのレベルをどんどん進めていくというのも良いと思います。

 

 1つのレベルの学習時間なんて、実は、2時間くらいしかないですから!繰り返し練習するなら別として。

 

⑦始めるときは、なるべく早いほうが良い

 

というのは、やはり動物のキャラクターですし、 ご褒美でもらえるコインなんかも、 ちょっと幼稚な感じがするので、そういうことに 抵抗感を持つ小学校高学年くらいになるとやはり 興味がなくなってくるかもしれません。

 

ですから、小学校四年生くらいまでが、このチャレンジイングリッシュで楽しめる年齢かと思います。

 

まあ、でも個人差もあります。わが子の場合、現在小5ですが、フレディーの会話のレッスンのストーリーは大好きです。

 

他に、チャレンジイングリッシュを子どもと一緒にやってきて、気づいたこと、効果的学習の進め方を書きました(↓)。

会話のレッスン、発音のレッスン、リーディングのレッスン、ボキャブラリーのレッスンについて、使いやすさ、使いづらさを書きました。

challeday.hatenadiary.jp

challeday.hatenadiary.jp

challeday.hatenadiary.jp

 

 

ところで!

 

実は、ベネッセからお知らせが来て、2019年からは、ベネッセの小学講座の受講費内でチャレンジイングリッシュを受けられるようになりました!!マンツーマントークというオンラインレッスンだけ別料金になります。

 

 

 

 

こちらも参考になさってください♪

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com