元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

小学生、チャレンジイングリッシュで英語学習が今年夏で丸2年。使う際の注意点をまとめてみました。

2年近く、チャレンジイングリッシュを使ってみて、ここに注意したら、より受けやすいと思うことを書きました。これから始めようかなという方の参考に少しでもなればと思います。

 

①チャレンジイングリッシュは、パソコンやipadなどでやりましょう。

 

チャレンジパッドでステップアップテストを受けたり、オンライントークを受けたりすると、なんだかんだ、不具合がでます。その不具合は殆んどの場合、問い合わせても解決できませんでした。

 

②レベルは、簡単、よりは、少し上の方が、個人的には良いと思います

 

レベル5,6までは、英検5級、4級レベルで、レベル7からとたんに難しくなります。

レベル6までは、復習しながら進むようです。

 

簡単すぎると思ったら、レベル変更してもよいと思います。

 

③途中で、レベル変更ができます。

 

②と関連しますが、

 

フリーダイヤルに電話して、変更してもらうと、3営業日後から、変更したレベルで学習を始めることができます。

 

ただし!抜かしてしまったレベルの努力賞ポイントは、もらえなくなります。

 

例えば、レベル4を飛び越えて、レベル6に行くとすると、レベル5の24ポイント分がもらえなくなります。

 

詳しく説明しますと、

 

1つのレベルに12ステップテストがあり、各ステップテストごとに、2ポイント、努力賞ポイントがもらえます。

 

上記の例の場合、

 

レベル5のステップテスト12回×2ポイント=24ポイントが、

 

もらえなくなるということです。ですから、努力賞ポイントをすごく楽しみにしているお子さんだと、途中でレベルを上に変更は難しいという意味でも、

 

最初のレベル設定は、大切です。

 

④親に送られるメールをみても、どんな英語を学習したかは、書いてないので、分りません。

 

「読む」レッスンをしました、という簡単なお知らせだけです。

 

中身を知りたいときは、おうちの方ウェブからはいり、カリキュラム一覧を見ると、少しは内容を知ることが出来ます。各レベルの各カリキュラム内容が、一部かいてあります。

 

⑤ソフトの動きがゆっくり

 

他の通信教育を試したことがないので比較ができないのですが、

 

例えば、正解しても、次の問題に移るまで数秒かかったり、

ソフトが動き出すまで十数秒かかったりします。

 

ストレスに感じるお子さんもいらっしゃると思うので、対策が必要です。

 

ウチの場合は、待っている間、手芸をしながらチャレンジイングリッシュをすることもあります。

 

⑥マンネリ化

 

どんなことにも言える事だと思いますが、チャレンジイングリッシュに慣れてくると楽しくなりますが、

 

慣れすぎると、飽きて新鮮さが薄らいでいきます。

 

そんなときは、ペースを上げてみるのも良いかと思います。

 

1年かけて1つのレベルを終わらせるというペースではなく、1年で2つか3つのレベルをどんどん進めていくというのも良いと思います。

 

我が家の目標は、小学5年のうちに、レベル4,5,6を一気に終わらせることです。1つのレベルの学習時間なんて、実は、2時間しかないですから!繰り返し練習するなら別として。

 

飽きたらやめるのではなく、継続する、という意思を親子が持って、工夫していく必要もあります。

 

以上、今の時点で気づいた点を書き出してみました。