元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用しよう。

チャレンジイングリッシュ 継続か?!退会か?!もうこれまでか!?続けるコツを模索中。

久~しぶりの更新です。

 

 

私「全然、やってないようだから、退会していいよね?」

 

子「絶対続ける!」

 

私「だって、やってないでしょ? やるっていってるけど、全然やってないでしょ?」

 

子「やるやるぅ。」

 

ま、こういうとき、会費が5000円などど高かったら、即退会です。

 

が、チャレンジイングリッシュは月2,040円…。

 

ま、一ヶ月、ムダにしても、いっか?と、親の私もダラダラ。

 

2年も同じ方法でやったら、飽きるよね~。さらに親もダラダラ。

 

でも、続けて欲しい。

 

しかし、子どもがチャレンジイングリッシュ嫌いになったら、別を探すから、それでいいのよ、と言う気持ちで聞いてみた。

 

子どもはやっぱり「続けたい」んだそうです。

 

一番やりたがらない理由。

 

子「待たされるからイライラする。」

 

(確かに。でも、その20秒の間とか、別なことしてればいいじゃない、と思うけど、そこまで器用ではないらしい。)

 

そうなんです。

 

待ちうけ画面で飛行船が、20秒近く、ぐるぐるずーっと回ってたり、

 

答えあわせが、すごくトロかったり、

 

イチイチ待たされるのが、ストレスなのでしょう。

 

これに比べると、小学講座のタブレット学習の、なんとサクサク進むこと!!

 

次々タップして、答え合わせ、次の問題、に進むんですね!!

 

ですので、子どもは、自らタブレット学習でサクサク学習。

 

K文や塾など行かずとも、小学講座だけで、学習範囲はばっちり理解。

 

それに比べ、

 

チャレンジイングリッシュのソフトの動きの遅いことといったら....。

 

子どもも、小学講座とのやりやすさと比べてしまうのでしょう。

 

 

 

でもね、継続しないとボロボロすぐに忘れていくから、英語なんて…。

 

 

 

「夏休みに入ったらやる」と子どもが言うので、夏休み、期待しています。

 

時間をあけると、せっかく積み重ねてきたことが薄らいでもったいない!と思い、

 

チャレンジイングリッシュを毎日のようにしていた時期に作った、手書きのフラッシュカード(↓を参考になさってください)、

 

さりげなく、布団の上に、ポンと置いておきました。

 

実は、「紙」って、本当にアクセスしやすい!

 

自分の目で、「紙」をみればいいこと。

 

電源いれたり、パソコン開いたり、キーを押したりする必要ないですからね!!

 

 

もう忘れてるかな~と思ったら、

 

自分から、カードめくりながら音読し始めて、声マネまでしていました。

 

かなり昔の会話のレッスン(レベル3ステップ9)だったのですが、

 

全部で25行くらいの英文で、簡単な会話でしたが、

 

すべて、読めていました。

 

ちょっとほっとしました。

 

きっとレッスンを音で聞いて残っていて、なおかつ、

 

繰り返し音読練習したために、記憶にちゃんととどまっていたのでしょう。

 

音読練習なくして、英語なんて話せるようには絶対なりませんね。

 

どうぞ、こちらも是非お読みください↓。英語が出来るようになるには、音読です!

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

それにしても…、タブレットじゃなくて、「紙」のほうが、断然やりやすいです、せっかちなうちの子の場合は^^;。