元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

高額な英語教材も、月一万の英会話教室も無理!ならば、ベネッセの月2000円のチャレンジイングリッシュを徹底的に分析・活用して、子どもには自宅で英語を学習してもらおうではありませんか。

チャレンジイングリッシュ いまだに、前に作ったフラッシュカードで復習中…!

今朝は、登校集合時間まで時間があまったので、玄関にいた子どもに、

 

「ほれ!懐かしいでしょ!」といって、フラッシュカードを手渡しました↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

この頃は、子どもの髪の毛を私が結っている間に、子どもがチャレンジイングリッシュを1レッスンか②レッスンするのが日課となっていて、

 

ラクに継続できていたのですよ。

 

今は、自分で自分の髪の毛を結うし、

 

なんと宿題を朝することに決めたらしく、チャレンジイングリッシュの存在が

 

薄い…。

 

しかも、小学講座の5年生になると、

 

「英語」あるじゃん!レッスン数は少ないけれど、

 

あるじゃん!

 

そっちのほうを、自主的にやっているということは、

 

サクサク進むようだし、楽しいのでしょう。

 

果たして、夏休み、チャレンジイングリッシュを再開するのだろうか!?

 

そろそろ時間たっぷりの夏やすみ。

 

こちらもご参考になさってください!

 

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com