元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

チャレンジイングリッシュの 効果的な使い方、 良いところ悪いところ全て書きます。 チャレンジイングリッシュを使って英語力をつけたい子達のために。

チャレンジイングリッシュの『リーディング』のレッスンが難しいと思ったら…

チャレンジイングリッシュで 学習しているとだんだんリーディングのレッスンが他のよりも難しくなってきませんか 

 

先に結論を言いますと、

 
お子さんが、お手上げ状態のようなリーディングの問題は、
 
①おうちの方が一緒にやるか、
 
②今はやらないで ステップアップテストを受けて、
 
次のレベルに行く、のが良いと思います。
 
そして、
 
もう少し、英語が読めるようになったら、
やらなかったリーディングのレッスンに戻って解く、
 
です。
 
実は、1つのステップのなかにあるレッスンすべてを終了しなくても、ステップアップテストを受けて合格したら(リーディングは手伝ってあげましょう)、
 
次のステップに行くことができます。
 
 
リーディングは、勘であたっただけで、実はよく分かってないという状態よりも、少し英語が読めるようになってからやったほうが、最終的には、コスパも良いですね。
 
 
では、なぜ、リーディングの問題だけ難しいと感じるようになるかというと、
 
チャレンジイングリッシュでは、
 
英語が読めるようにするレッスンが少ないのだと思います。
 
 
レッスンの種類ごとに見てみましょう。
 
 
会話のレッスンは、キーフレーズぐらいしか、英語がでてこない、
(フレディ以外の登場人物の台詞は、全部日本語訳のみ↓)
 f:id:bluedaisyday:20181128145729j:plain
 
単語のレッスン(↓)の時は、英語の音が出るけれども、
英語のスペルが表示されない、
 
 f:id:bluedaisyday:20181128144421j:plain
 
 
タイピングのレッスンは、文字はでてくるが、 英語量が少ない、
 
発音練習のレッスンは、英語のスペルをみながら発音練習をしますが、英語量が少ない、
 
という具合です。このように、
 
英語を見て意味が分かるようにするレッスンが少ないと思っています。
 
 

リーディングのレッスンの場合、
 
問題の最初に、「新出単語」、
つまり、この文を読むにあたり、始めて習う単語については、
スペルと意味を最初に教えてあげるね、というヒントが最初にあります(↓)
 

f:id:bluedaisyday:20181128141353j:plain

 

この場合は、7つあります。ここで新出単語の予習をしてから、

 

 

次にいよいよ問題に入ります。

 
 

f:id:bluedaisyday:20181128141528j:plain

 
動物の絵の三択問題があるので、一行めで、「h」がついてるから、ハムスターかなぁ、と勘のいいお子さんは分かるでしょう。
 
すべての英語が読めなくても、必要な情報を探して解決する練習ですが、
 
あまりに読めない、分からない単語が多いと、それだけでイヤになってしまいます。
 
ですので、リーディングの問題は、少し工夫が必要です。
 
先述のように、
①お家の方と一緒にするか、
②もう少し英語が読めるようになってからにするか、
 
が良いのではと思います。
 
英語が読めるようになるには、フォニックスなどの法則を最初から学ぶより、とにかく、「量」をこなすこと。
 
こちらのような(↓)リーディング教材で、
①絵本をみながら何度も聞く
②英語を聞きながら、シャドーイングしてみる(ちょっとずらして追いかけ読み)
③文字を見ながら何度も読む
 
ことで、力をつけていくのも良いでしょう。
 
こうしていくと、英語の文字が少しずつ読めるようになってきます。
 
または、単語だけ、英検の単語帳で練習するのも、良い練習になります。
 
なんだか、せっかく英語の通信教育をしてるのに、他の教材まで?と疑問に思われるかもしれませんが、
 
いくつか組み合わせて使うことで、より上塗りされるというか、英語に触れる量が増えるので、効果があります。
 
また、このような工夫をしたら、読む力がすごくつきました。

challeday.hatenadiary.jp

 

リーディングのレッスンが楽しくできるようになるといいですね。