元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

個人のブログ。元英会話講師がチャレンジイングリッシュをどうやって効果的に使っていくか、日々模索している様子を書くブログ。

ベネッセのチャレンジイングリッシュ初心者の方へアドバイス。レベル設定、レベル変更、レッスン進度について。裏技もあり。

 2019年度4月の小学講座から、チャレンジイングリッシュのデジタルレッスンもついてきますね!

 

大きいくくりからいうと、カリキュラムは、

レベル→ステップ→レッスンという階層になっています。

慣れるまでややこしいんですよね、このカタカナ用語が…。

 

 3年使っている我が家からのアドバイスです。お役に立つとよいのですが…。

 

レベル設定

最初にレベル判定を受けます。チャレンジイングリッシュ最初のスタートは、

そのときに判定されたレベルからとなります。

うちの娘は、小学3年生のときに、レベル3と判定され、レベル3から始めました。

 

 

 

レベル3まで、

つまり、レベル1,2,3のコンテンツがダウンロードされます。

 

ですので、レベル3でちょっと難しいかなと思ったら、すぐに、すでにチャレンジパッドにダウンロードされている、レベル1,2をあければ、すぐにできます。

 

 

レベル3では、アルファベットの音を、しっかり学習できるレッスンがありました。

楽しいレッスンでしたし、英語の音の聞き取り練習として、とてもすばらしいと思いました。

 

少しでも英語学習経験がある場合は、チャレンジイングリッシュのレベル3も大丈夫ではないかと、個人的には思いました。

 

 

(ここでいきなり邪道なやり方を紹介してしまいますと、、、

 

一気にすべてのレベル内容をダウンロードしたい場合はですね、

 

英語ができるご家族のかたが、レベル判定を受けまして、

レベル8の判定をゲットしてしまえば、

レベル1からレベル8までの全部のコンテンツが

ダウンロードできるので、

後でややこしいレベル変更しなくて済むんですよ。

 

ただし!

 

努力賞ポイントは、レベル7までの分は、

すべて、パーになりますね、多分。

 

普通は、下のレベルから、テストに合格して

上のレベルに上っていくときに努力賞がもらえますから…。

念のため、確認してから行ってください!)

 

レッスン進度

チャレンジイングリッシュの1つのレベルには、だいたい5分未満のレッスンが、348くらいあり、

(1レベル=だいたい29レッスン×12回=348レッスン)

 

5分×348レッスン=29時間くらい

 

です。

 

それが8レベルある、ということは、

 

29時間×8=232時間

 

ということになります。

(あくまでも私なりの概算!)

 

DWEの場合は、就学前までに2000時間を学習するデザインになっているようです。

 

それと比べると、チャレンジイングリッシュの場合は、本当に触り程度の時間数になります。

 

ですので、1年間で1レベルと思い込まずに、

 

ひとつのレベルを、どのくらいの期間で終わらせたいかを、

最初に、暫定で決めておくと、進度設定しやすいですね。

 

我が家はそれをせずに、ダラダラとやっておりましたら、

 

1年間に1レベルという進度になってしまいました。

ですから、

小学3年生でレベル3

小学4年生でレベル4

小学5年生でレベル5

でした。

 

振り返ると、

これはちょっとペースが遅かったかなー、と思います。

 

途中でのレベル変更

チャレンジイングリッシュでしばらく学習してみて、現在やっているレベルが低すぎると思ったら、

 

ステップテストを次々と最後まで受けていくと、

レベルテストが最後に受けられるので、

 

例えば、レベル3が簡単すぎたら、

 

どんどんレベル3のステップテストのみ

(つまりレッスンはすっ飛ばして)を受けていき、

最後にレベルテストをうけて合格すれば、

 

レベル4にいけます。

 

最初は、それを知らずに

あせって無理やりすべてのレッスンをやってました^^;。

(そのときに、飛行船がぐるぐる回る待機時間を

かなり恨めしく思ったものでした^0^;。)

 

GTECのJunior onlineも受けられるので、そのうち受けてみようと思っています。

 

ところで、こちら↓、2019年10月更新の記事です。是非ご覧ください🎵

bluedaisyday.hatenablog.com

こういう記事も書きました↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

こちら(↓)では、チャレンジイングリッシュ以外の英語教材を紹介しています。良かったらのぞいてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

(こちらで、チャレンジイングリッシュがご受講できます↓)

 

 

 

チャレンジイングリッシュのは、こちら↓を受講していました!かなりおすすめです!こちらから(↓)詳細確認などができます。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

我が家では、チャレンジイングリッシュを始める前は、こどもちゃれんじEnglish以外に、以下のような教材も使っていました。

 

チャンツのCD聞いていました。

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

 

こちらが関連記事です↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 英会話を歌ってました♪↓。

英会話たいそう Dansinglish CD

英会話たいそう Dansinglish CD

 

こちらが関連記事です↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 これもよく聞いてました↓。

 

Wee Sing Children's Songs and Fingerplays

Wee Sing Children's Songs and Fingerplays

 
Wee Sing for Baby

Wee Sing for Baby

 

 

こちらが関連記事です↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

というように、色々と市販のものを使っていました。

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。