元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

個人のブログ。元英会話講師がチャレンジイングリッシュをどうやって効果的に使っていくか、日々模索している様子を書くブログ。

チャレンジイングリッシュは、慣れてきたら、会話を書き出しておくと良いですよ。

春休みですから、チャレンジイングリッシュを進めるよい機会ですね。

 

1つのレベルに

 

12ステップあって、

 

1つのステップに、

 

27とか、28とか、29個のレッスンがあり、

 

そのうちの9個から12個のレッスンは、

 

フレディというアルパカのキャラクターの会話のレッスンになります。

 

デジタルレッスンなので、

 

紙のテキストがないですね。

 

でも、教材で一番アクセスしやすいのって、紙だと思うんですね。

 

ですので、

 

フレディの会話のレッスンで学習したキーフレーズだけでも、

 

紙にかいておいて、

 

あとで、復習できるようにすると、

 

効果は数倍高くなります。

 

うちでは、こんな感じで普通の白いコピー用紙に書いて、

challeday.hatenadiary.jp

 

 

夜寝る前に、ほんの数分、音読しています。

 

一度、レッスンを受けて、場面などを映像で見ているので、

 

どういう場面で、

どんな感じで使う英語かというのを

 イメージできるので

 

文字だけでも大丈夫です。

 

英語を使ってる、という感覚も強化されると思います。

 

うちでは、私がすべての会話のスクリプトを聞き取って

書き出しています。

 

デジタルレッスンは手軽でよいですが、

紙で英語が読めて復習できるようにも、

して欲しいなと思います。

 

毎回聞き取ってかくのは、面倒です^0^;。

 

でも、我が家では、チャレンジイングリッシュを中心にして、

なるべくお金をかけずに英語を学習させたいので、

こうやっているんです。

 

今までの小学講座にたった700円ちょっとプラスで

デジタルレッスンが受けられるんですから、

 

安いですよね。

 

それをいかに生かしていくか、日々工夫しています。

 

こちらのブログでは、チャレンジイングリッシュ以外の教材を紹介しています。

ご興味あれば覗いてみてください(↓)。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

(こちらで、チャレンジイングリッシュがご受講できます↓)