元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

個人のブログ。元英会話講師がチャレンジイングリッシュをどうやって効果的に使っていくか、日々模索している様子を書くブログ。

チャレンジイングリッシュのワークブックって、使っていますか?

薄いですけど、

学習ページがわかりづらいですけど、

内容的には、よく出来てる~!と思います。

 

小学3年生になると、学校でアルファベットを習いますし、

運筆にも大分慣れてきているでしょうから、使えると思います。

 

習い事が少なくて、時間に余裕があるなら、やってみてはいかがでしょうか。

 

 

ただ!

 

レベル7と8には対応していないんですよね... 。

 

つまり、小学生のうちで、レベル7と8まで行く人は、あまりいないと最初から想定して作ったのではないかと推測します。

 

だから、小学生のうちは、チャレンジイングリッシュは、レベル6まで行けば

まあ、いいでしょう!ということになるんでしょうね~。

 

実際、リーディングのレッスンは、レベル6あたりだと、大分レベルアップしてますからね。

 

中学で習う英文法をつかった会話文は、レベル7と8に集中しているので、

 

中学でやっても十分やりがいのある内容となっていますが、

 

中学でレベル7と8をやりたいと思っても、

中学講座には、「チャレンジイングリッシュ中学・高校」が最初からくっついてくるので、2種類の英語学習をすることになりますね。

 

小学生のうちに、レベル6までやっておいて、

中学生になったら、レベル7と8をハイペースでやるというのも、ありかと思いますが、

英語がダブル受講になってしまう(↓)ので、注意が必要です。

challeday.hatenadiary.jp