元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

個人のブログ。元英会話講師がチャレンジイングリッシュをどうやって効果的に使っていくか、日々模索している様子を書くブログ。

小学生、チャレンジイングリッシュで英語学習が今年夏で丸2年。使う際の注意点をまとめてみました。

 (2019年8月5日、本日更新の記事です↓。ご興味あれば除いてみてください。)

2019年4月の全国学力テストの中学英語の「話す」テストを見てみました。 - 元英語講師の「おうち英話」のススメ

 

 

 2年近く、チャレンジイングリッシュを使ってみて、ここに注意したら、より受けやすいと思うことを書きました。これから始めようかなという方の参考に少しでもなればと思います。

 

①チャレンジイングリッシュは、チャレンジパッドではなく、パソコンやipadなどでやりましょう。

 

チャレンジパッドでステップアップテストを受けたり、オンライントークを受けたりすると、なんだかんだ、不具合がでます。その不具合は殆んどの場合、問い合わせても解決できませんでした。

 

②始めるときのレベルは、判定より、少し上の方が、個人的には良いと思います

 

理由です。

 

レベル6までは、英検5級、4級程度にとどまっています。

ですから、レベル3から始めると、レベル3,4,5,6ずっと復習程度。

(リーディングのレッスンは、難易度が上がっていくと思います。)

 

レベル7とレベル8に、英検3級(中学3年生)の内容が多いです。

 

文法用語だと、レベル7と8で

 

must, have to ,などの助動詞

過去進行形

時をあらわす接続詞

比較級と最上級

不定

動名詞

受動態

現在完了形

 

レベル6までは、復習しながら進んでいき、

レベル7と8で、いきなり内容が濃くなると、カリキュラムを見て想像しています。

 

ですから、時間をかけるのであれば、レベル7とレベル8にじっくり時間をかけた方が良いなかと、個人的には思っています。

 

レベル3とか4をやっていて、簡単すぎると思ったら、レベル5くらいに変更してもよいと思います。

 

その方法を、電話でベネッセに教えてもらいました(↓)

 

③途中で、レベル変更ができます。

 

②と関連しますが、

 

フリーダイヤルに電話して、変更してもらうと、3営業日後から、変更したレベルで学習を始めることができるそうです。

 

ただし!抜かしてしまったレベルの努力賞ポイントは、もらえなくなります。

 

例えば、レベル4のつぎ、レベル5を抜かして、レベル6に行くとすると、レベル5の24ポイント分がもらえなくなると思います。

 

普通にやっていけば、

 

1つのレベルに12ステップテストがあり、各ステップテストごとに、2ポイント、努力賞ポイントがもらえます。

 

ですので、1レベル終了すると、24ポイント獲得できます。

 

それが、上記の例だと、レベル5の努力賞ポイントが獲得できません。やってないから、あたりまえといったら、あたりまえですけどね^^;。

 

こちらのページを貼らせていただきました↓。

faq.benesse.co.jp

 

ですから、努力賞ポイントをすごく楽しみにしているお子さんだと、電話して、途中でレベルを上に変更は難しいという意味でも、

 

最初のレベル設定は、大切です。

少し上のレベルがオススメです。

(おうちの方が、レベル判定を受けるという裏技があります^^;。でもお子さんが自分でやりたがったら、お子さんにさせるのがいいですよね、自分の教材だという愛着もわくと思うので…)

 

そこで、色々考えました。努力賞ポイントも入り、レベルも早く上がれる方法(↓)はこちら↓。もっとはやく思いつけばよかったです。

challeday.hatenadiary.jp

 

チャレンジイングリッシュが小学生のうちに終わらなかったら、中学生になっても引き続き受講できるんですが↓、デメリットもあります。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

④親に送られるメールをみても、どんな英語を学習したかは、書いてないので、分りません。

 

「読む」レッスンをしました、という簡単なお知らせだけです。

 

中身を知りたいときは、おうちの方ウェブからはいり、カリキュラム一覧を見ると、少しは内容を知ることが出来ます。各レベルの各カリキュラム内容が、一部かいてあります。

私は、このカリキュラム一覧を見ながら、記事を書いています。

 

⑤ソフトの動きがゆっくり

 

他の通信教育を試したことがないので比較ができないのですが、

 

例えば、正解しても、次の問題に移るまで数秒かかったり

ソフトが動き出すまで十数秒かかったりします。

 

ストレスに感じるお子さんもいらっしゃると思うので、対策が必要です。

 

ウチの場合は、待っている間、手芸をしながらチャレンジイングリッシュをすることもあります。

 

あとは、ソフトが立ち上がっている間、他の事をしています。(ハムスターの餌やり~とかですね。)

 

⑥マンネリ化

 

どんなことにも言える事だと思いますが、チャレンジイングリッシュに慣れてくると最初は楽しいですが、

 

慣れすぎると、飽きて新鮮さが薄らいでいきます。

 

そんなときは、ペースを上げてみるのも良いかと思います。

 

1年かけて1つのレベルを終わらせるというペースではなく、1年で2つか3つのレベルをどんどん進めていくというのも良いと思います。

 

 1つのレベルの学習時間なんて、実は、2時間くらいしかないですから!繰り返し練習するなら別として。

 

⑦始めるときは、なるべく早いほうが良い

 

というのは、やはり動物のキャラクターですし、 ご褒美でもらえるコインなんかも、 ちょっと幼稚な感じがするので、そういうことに 抵抗感を持つ小学校高学年くらいになるとやはり 興味がなくなってくるかもしれません。

 

ですから、小学校四年生くらいまでが、このチャレンジイングリッシュで楽しめる年齢かと思います。

 

まあ、でも個人差もあります。わが子の場合、現在小5ですが、フレディーの会話のレッスンのストーリーは大好きです。

 

他に、チャレンジイングリッシュを子どもと一緒にやってきて、気づいたこと、効果的学習の進め方を書きました(↓)。

 

会話のレッスン、発音のレッスン、リーディングのレッスン、ボキャブラリーのレッスンについて、使いやすさ、使いづらさを書きました。

 

まずは、ボキャブラリーレッスンについて↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

リーディングのレッスンについて↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

スピーキングの会話と発音のレッスンについて↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

ところで!

 

2019年4月からは、チャレンジイングリッシュが、ベネッセの小学講座に合体!

その分、小学講座が少し値上がりします。

詳しくは、こちらをご覧ください↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

 資料請求はこちらからどうぞ↓。

 

 

こちらの別ブログでは、年齢別の英語学習について書きました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました!

個人的に、内容、値段、かなりおすすめです!

こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、かなり使い倒しました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

チャレンジイングリッシュは、このように使っていました。英語学習法、通信教材、ベネッセの進研ゼミ小学講座。

こちらのほうのブログに、

 

チャレンジイングリッシュを使った英語学習の全体像を手書きでかいてみました。

(いつも同じようなことしか書いていませんが...。)

 

もしご検討中の方がいらっしゃったら、ご覧いただければと思います↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました。

個人的に、内容、値段、かなりおすすめです。

こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、日々使っていました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

【Q&A】ベネッセのチャレンジイングリッシュは、小学校何年くらいまでが丁度良いか。

楽しいけれど、ちょっと高学年にとっては幼稚な内容なので、

 

小学4年生くらいまでではないかと個人的に思いました。

 

ですので、

 

チャレンジイングリッシュ単体受講の方は、

 

小学4年生でやめるとして、

 

何年チャレンジイングリッシュで学習させたいかによって、

 

何年生からやるかを逆算で考えると良いと思います。

 

 

小学講座を受講している方は、

 

デジタルレッスンに組み込まれていますのでいつでもできますが、

 

親が関与できるのも、小学4年生が限界だと思うので、

 

例えば、

 

小学2年生から3年間は、必ずチャレンジイングリッシュもやる、

 

 

習い事のように、曜日や時間を決めてやるのがよいと思います。

 

我が家の場合は、

 

早起きだったので、学校に行く前に、1つとか2つのレッスンをやっていました。

 

ペースも特に決まっておらず

 

個人のペースでできるので、

 

そこが魅力だと思います。

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました。

個人的に、内容、値段、かなりおすすめです。

こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、日々使っていました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

 

【Q&A】チャレンジイングリッシュのリーディングの問題が難しすぎて子どもが飽きてしまいます。

レベル6のリスニングとか、スピーキングのレッスンには、ついていけるけど、リーディングのレッスンが難しすぎる...、という問題がでたとします。

 

リーディングの問題は、すごく充実していて、工夫されていると思うのですが、

個人差を考えて、次のように進めていったらいいと思います。

 

 

 

例えば、

 

レベル5ステップ2で

 

英会話のレッスンのほうはついていけるけど、

 

リーディンの問題は、ちょっとお手上げ状態であれば、

 

レベル5のできるレッスン、例えば、スピーキング、ボキャブラリー、リスニングだけをやって、

 

レベル5の、その子にとって難しすぎるレッスンは、やらずに、ステップテストを受けて、次のステップにどんどん進む。(ステップテストはおうちの人と一緒にやらないとリーディングのところで、落ちてしまう)

→ステップアップテストは、よくフリーズしてましたけどね^^;。ステップアップテストの裏技です↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

リーディングの問題をするための、「文字を読む力」は、チャレンジイングリッシュだけではつかないと、個人的に思うので、

 

 

例えば、次のようなやり方で少しづつ補ってからやるほうが、もったいなくないです。工夫された問題が沢山あるので。

 

 

補強その①

 

 

サイト・ワーズ・カード(サイト・ワーズ - Wikipedia)で、読める英語を増やしていくとか↓、

 

 

 

 

補給その②

 

 チャレンジイングリッシュのおうちの方ウェブから、単語帳をプリントアウトして読む練習するとか↓、

challeday.hatenadiary.jp

 

簡単な読みの練習を地道にやってから、

 

レベル5のリーティングのレッスンを、後でやる

 

(例えば、他の、スピーキングとか、リスニングのレッスンは先に進んで、レベル6をやってるけれど、リーディングのレッスンは、レベル5をやっている、という状態になります。)

 

ちょっと面倒ですけどね。

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました。

個人的に、内容、値段、かなりおすすめです。

こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、日々使っていました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

【Q&A】チャレンジイングリッシュで英語学習すれば、しゃべれるようになりますか?

1レッスンを1回しかしなかったら、

 

残念ながら、

 

しゃべれるようにはならないでしょう。

 

 

 

これは、チャレンジイングリッシュに限らず、

 

どんな教材を使っても同じです。

 

 

地道に繰り返す練習をしないと、


 

レッスンして新しい英語を学ぶ

忘れる

次のレッスンをする

忘れる

 

の繰り返しになり、

 

なにも定着しないことになります。

 

やったレッスンの内容は、しつこく繰り返し練習してください。

 

たった一文でもよいので...。

 

 

 

私はこのようにチャレンジイングリッシュを活用していました。

(一番下にリンクしました。)

 

全部書き写すのは大変だと思うので、

 

1つのレッスンから、1つのセリフだけでもいいので、

 

紙に書いて、毎日音読するということを

 

やっていました。

 

家庭では、手の込んだ英語学習はできないと思います。シンプルなやり方が1番長続きすると思います。

 

学んだ英語を音読を繰り返して自分のものにしていく、

 

というのは、単純でつまらないようにも思われますが


習慣にしてしまえば苦になりません。


例えば夜寝る前の5分で、さらっとやってしまえば良いです。

 

これは私の手書きです👇。

読めるようになったものは皆処分しました。

ちょっともったいなかったかなー(~_~;)。子どもとのいい思い出だったから、と、ちょっと子離れできてない母親のつぶやきです。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました。


個人的に、内容、値段、良かったです。


こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、日々使っていました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかたは、これでしょうね👇

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

 

ベネッセのチャレンジイングリッシュは、何年くらい継続できるか?うちの場合は、約2年半で、レベル3から6の途中までいきました。

我が家の場合は、小学3年生から小学5年の2学期くらいまでの、2年半くらい続きました。

 

challeday.hatenadiary.jp

 

どんな通信教材でも、よっぽど強制的な力が働かないと、

 

マンネリ化しますよね~。

 

ただ、通信だと、自分で教材の中身を取捨選択できるので↓、

challeday.hatenadiary.jp

 

英語力に合わせて、やり方を変えていけばよいのではと思います。

 

要は、使い方次第

 

 

さて、

 

チャレンジイングリッシュのレベル7,8は文字数も多く、会話文も多くなり、初心者用ではなく、

 

逆に、

 

レベル4,5,6は、かなり緩やかにレベルがあがっていくので、ちょっとじれったいかもしれません。

 

英語を習っていた、または、習っている、という人は

 

判定がでたレベルより、上から始めないと、ずーっと同じようなレベルでだらだら学習することになるので、

 

最初の設定は、高め設定をおすすめです。

 

例えば、レベル3とでたら、レベル4か5に設定します。

 

レベル4に設定しても、レベル3までの学習内容が取得できるし、

 

レベル5に設定しても、レベル4までの学習内容が取得できます。

 

逆に、レベルを簡単にあげることはできないので↓、

challeday.hatenadiary.jp

 

最初は高めの設定が良かったなーって、後悔しています(TT)。

 

ただ、このような工夫↓をしたので、聞く力や、話す力はまあまあついたと思います。

challeday.hatenadiary.jp

 

もし、英語の通信教育をお考えのときは、こちらもちらりと覗いてみてください↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

 資料請求はこちらからどうぞ↓。

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました!

個人的に、内容、値段、かなりおすすめです!

こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、かなり使い倒しました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

チャレンジイングリッシュは、子どもだけでタブレット学習できるか、について。

個人の体験からすると、

 

子どもだけではやらせないほうがいいです。

 

途中で嫌になると思います。

 

理由は

1、時々チャレンジバッドがフリーズする

2、レッスンの種類が多いので、何をしたらよいか分からない

3、次ページへの待機時間がながいので、集中力が続かない

4、ちゃんと答えているのに、「ダメ」判定がでる

です。

 

 

このような状態で、お子さんに丸投げすると、すぐ嫌になるのではと思います。

 

ですので、まずは、

 

おうちの方が、お子さんがいないときに、チャレンジパッドでチャレンジイングリッシュのレッスンをしてみて、どんなことをやっているか、把握をしたほうがいいです。

 

 

 

 

で、レッスンをすると記録に残ってしまうので

 

残さないようにするには、

 

レッスンを最後までやらないで、途中で✖を押せばいいです。

 

 

 

 

おうちの方が、レッスンのやり方を知ったうえで、

 

お子さんと一緒にやり

 

お子さんが、操作が分からなくなったり、

 

次に何をすればいいか分からなくなったりしたら、

 

助けてあげてください。

 

 

 

おうちの方が何も分からないまま、お子さんと一緒にやってしまうと、

 

種類が多すぎて、何が何だか分からず、

 

「あれ? あれれ? これってどうしたらいい?」と迷い続けることになり、

 

それだけで嫌になってしまうと、以後やりづらいです。

 

 

 

ですので、最初、おうちの方だけでやってみて、チャレンジイングリッシュの全体像をしっかりと把握しておくことが大事だと思います。

 

そして、その状態で、お子さんがレッスンするときに、となりにいてあげ、サポートをする。

 

そして、個人差、年齢などを考え、もう一人でもできるかも、とおうちの方が判断したら、

 

一人での学習にもっていけると思います。

 

 

 

チャレンジイングリッシュについては、

こちらからお問い合わせいただけます↓。

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました!

 

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。

 

チャレンジイングリッシュを始めるか迷ったら...。人見知り、場所見知り強かったお子さんは、いきなりお教室より、デジタルレッスンがよいかもですね。

英語教室に通い始めると、辞め時が難しいですよね。

 

講師と、ちょっと仲良くなってしまったり、

 

何か月分か、まとめ払いだったり、

 

近所だったり...。

 

チャレンジイングリッシュだと、気軽に始めて、気軽にやめれるという軽い気持ちで始められるというのは、一つの利点かと...。

 

小さいときに、場所見知りや人見知りが激しかったお子さんなら、

 

いきなりお教室に行くよりは、最初、デジタルレッスンで、少し英語に慣れてからのほうが、ハードルは低いかもしれません。

 

ただ、オンラインレッスンは、親がとなりにいて一緒にやってあげないと、なかなか難しいと思います。

 

外国人講師は、表情が日本人より大げさなので、

 

「あれ?」とか

「うーん」とか、

 

困った顔も、日本人より大げさなので、

 

人見知り、場所見知りつよいタイプのお子さんには、逆にハードル高いかな、と。

 

大人でも、外国人に、「え?」みたいな顔されると、ビビりますもんね。

 



それで、この教材のおすすめな使い方としては、

 

チャレンジイングリッシュのデジタルレッスンの、

 

フレディの会話のレッスンと

フォニックスのレッスンと

リスニングのレッスンの3つは必ずやって、


下に詳しく書きましたが、リーディングと発音のレッスンはとばして、

 

サクサク次のステップに行ったほうが

 

フレディの会話のレッスンのストーリーをどんどん先に進めました。

 

発音のレッスン(DJキャラがでてくる)では、


学習者側はきちんと発音しているのに


あれ~?って


DJがダメだししてくるの


とてもやる気が失せました。



リーディングのレッスンも、


最初のほうは、スペルの練習になってきますが、

  

スペルの練習なんて、高学年になったら、数倍のスピードで習得できることですから、

 

小さいうちにやったら時間のムダ、というのが私の個人的意見なので

 

うちの子どもにもやらせていませんでした。

 

基本、

 

フレディの会話のレッスンができれば、英語はちょっとだけやってました、


という自信にはなるかと思います。

 

ただ、フレディのレッスンをやっても、1回やったら、ほとんど忘れてしまうので、


こちらの過去記事のように、カードにして毎日2分でも3分でも繰り返し練習すると、10倍力がつきますね。

なかなか手間がかかりますけどね^^;;;。

challeday.hatenadiary.jp

 

その他、お役に立てそうかもしれない過去記事です...↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

challeday.hatenadiary.jp

 

challeday.hatenadiary.jp

 

最後に、こちら↓。

 

バイリンガル教育にご興味のあるかたは、こちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。