元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

個人のブログ。元英会話講師がチャレンジイングリッシュをどうやって効果的に使っていくか、日々模索している様子を書くブログ。

【Q&A】チャレンジイングリッシュのリーディングの問題が難しすぎて子どもが飽きてしまいます。

レベル6のリスニングとか、スピーキングのレッスンには、ついていけるけど、リーディングのレッスンが難しすぎる...、という問題がでたとします。

 

リーディングの問題は、すごく充実していて、工夫されていると思うのですが、

個人差を考えて、次のように進めていったらいいと思います。

 

 

 

例えば、

 

レベル5ステップ2で

 

英会話のレッスンのほうはついていけるけど、

 

リーディンの問題は、ちょっとお手上げ状態であれば、

 

レベル5のできるレッスン、例えば、スピーキング、ボキャブラリー、リスニングだけをやって、

 

レベル5の、その子にとって難しすぎるレッスンは、やらずに、ステップテストを受けて、次のステップにどんどん進む。(ステップテストはおうちの人と一緒にやらないとリーディングのところで、落ちてしまう)

→ステップアップテストは、よくフリーズしてましたけどね^^;。ステップアップテストの裏技です↓。

challeday.hatenadiary.jp

 

 

リーディングの問題をするための、「文字を読む力」は、チャレンジイングリッシュだけではつかないと、個人的に思うので、

 

 

例えば、次のようなやり方で少しづつ補ってからやるほうが、もったいなくないです。工夫された問題が沢山あるので。

 

 

補強その①

 

 

サイト・ワーズ・カード(サイト・ワーズ - Wikipedia)で、読める英語を増やしていくとか↓、

 

 

 

 

補給その②

 

 チャレンジイングリッシュのおうちの方ウェブから、単語帳をプリントアウトして読む練習するとか↓、

challeday.hatenadiary.jp

 

簡単な読みの練習を地道にやってから、

 

レベル5のリーティングのレッスンを、後でやる

 

(例えば、他の、スピーキングとか、リスニングのレッスンは先に進んで、レベル6をやってるけれど、リーディングのレッスンは、レベル5をやっている、という状態になります。)

 

ちょっと面倒ですけどね。

 

 

チャレンジイングリッシュの前は、こちら↓を受講していました。

個人的に、内容、値段、かなりおすすめです。

こちらから(↓)詳細確認などができます。

このDVDと教材は、日々使っていました。

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。